コーヒー好きのITエンジニア照準。おいしさをデジタル化するスマートデバイス、中国ベンチャーが開発

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

スタートアップ注目記事

コーヒー好きのITエンジニア照準。おいしさをデジタル化するスマートデバイス、中国ベンチャーが開発

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

コーヒーやビール、茶系飲料に関するデータ分析ソリューションを開発するテック企業「流数科技(DiFluid)」が、コンパクトでスマートなコーヒー濃度測定器を開発した。

5000~1万元(約10~20万円)で販売されている一般的なコーヒー濃度計とは異なり、同社の製品にはコーヒー濃度計とデジタルスケールがあって、連携するアプリ上でコーヒーの味を「可視化」できるうえで、価格もわずか1599元(約3万2000円)だと創業者の彭倜氏が説明している。

流数科技は2021年3月に広東省深圳で設立された。同年末に初代の屈折計を中国と海外で発売、好評を得て、「高瓴資本(Hillhouse Capital)」からエンジェルラウンドで資金を調達した。22年11月に発表したコーヒー濃度計の新製品「R2 Extract」は、予約販売の受付開始から12時間で500件近くの注文があった。

流数科技の製品マトリクス

流数科技は創業当初、コーヒー愛好家に狙いを定めた。彭氏によると、同社の製品を購入した海外ユーザーの多くはコーヒーを好むプログラマーやITエンジニアで、特にコーヒーのデータを研究するのが好きで実験をするようにコーヒーを楽しむという。

コーヒーの味は「デジタル」で正確に測ることができる。米国や欧州のスペシャリティコーヒー協会に定められており、美味しいコーヒーの世界規定「Golden Cup Standard」に基づくと、総溶解固形分(TDS)は1.15~1.35%、抽出率は18~22%のコーヒーが美味しい“ゴールドカップ”とされる。

“ゴールドカップ”のTDS

美味しい一杯を淹れるには、抽出率は重量の変化を測ればわかるが、TDSについてはより専門的なコーヒー濃度計が必要になる。機器には極めて高い精度が求められ、あらゆる部分を正確に設計するためコストが高くなる。

流数科技の製品は技術とコストのバランスが取れていることが特長だ。技術面では、高額な屈折計の代わりにロボットビジョンを採用した。具体的には、R2 Extractにコーヒーを滴下し、二次元CMOSイメージセンサーで液面を撮影、機械学習アルゴリズムによって全反射の境界面を分析することで機器の不安定さや局部的な不純物の干渉といった問題を解決する。さらにプリズム表面にごく薄い層を重ねるという工夫により、製造工程とコストを従来の方法に比べ大幅に削減しつつ、計測の正確性と信頼性を高めた。

同社は海外と中国国内で20近くの特許を申請している。初代の製品に比べ、ユーザーからの大量のフィードバックを反映させアップグレードしたR2 Extractにはナノレベルの疎水性膜が付けられ、表面を清潔に保つことができるようになっている。また、デュアル温度センサーを追加し、温度変化による影響を抑えてリアルタイムで液面と温度の変化を捉え、最終的に温度が安定したときの結果を予測する。

製造面では、創業当初から材料、製造、製品の質に厳しく、高い基準の管理システムを採用し、MES(製造実行システム)を取り入れ、全ての部品と製品をトレースできるようにした。

流数科技は今後、美味しいコーヒーをより手軽に味わうことができるようにするため、豆の焙煎、挽き具合、淹れ方まで全てをデジタル化して、コーヒーのデジタル化チェーンを構築する計画だ。また同社のアプリ「DiFluid Café」にはコーヒーをテーマとするコミュニティを設けている。このアプリはユーザーのコーヒーのデータを自動的に保存し、コーヒー愛好家がコーヒーについて交流する場として材料や各自のブレンドなどの情報を共有する。

彭氏は、「将来的にはブレンドの割合もプラットフォーム上で共有できるようにし、ユーザーが実際に淹れてみて評価する。好評なブレンドをプラットフォームで販売することもできる」と語った。

(翻訳・36Kr Japan編集部)

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録