5G物流ドローン、初の貨物積載飛行に成功 村への速達便を支援

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

5G物流ドローン、初の貨物積載飛行に成功 村への速達便を支援

5G物流ドローン、初の貨物積載飛行に成功 村への速達便を支援

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

8月14日、物流大手を傘下に擁する韻達(Yunda Holding)」の5Gドローン「Yunda X470」が、浙江省杭州市桐廬県分水鎮から離陸し、桐廬の特産品である「雪水雲緑茶葉」を同県張家塢村に配達した。全飛行距離は約10キロメートル、最高飛行高度は120メートルで、所要時間はわずか16分だった。ドローンが貨物を載せた飛行を行ったのはこれが初めてとなる。

ドローンは現在、物流のボトルネック「ラストワンマイル」問題の解決に最も広く使用されており、辺ぴな山岳地帯や農村地域への困難な配送に役立つ。さらに順豊控股(S.F.ホールディング)や京東物流(JD Logistics)などの企業も、ドローンの支線配送と幹線輸送への応用を模索し始めている。  

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録