1万以上の名医を集めて健康科学を普及させる「有来医生」は数千万元のAラウンド融資を獲得

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

マーケティング

1万以上の名医を集めて健康科学を普及させる「有来医生」は数千万元のAラウンド融資を獲得

汇集1万多名医做健康科普,内容提供商「有来医生」获数千万元A轮融资

36氪获悉,健康科普教育平台“有来医生”已完成数千万元A轮融资,资方为疆域资本。据悉,本轮融资将用于完善大数据分析、AI等技术,推动健康科普主体、内容、形态、载体等的创新升级。

有来医生成立于2016年,专注于签约优质医生,由他们生产专业健康科普内容并分发到各个主流渠道。有来医生创始人兼CEO阮盛铁认为,长期以来,中国老百姓“有病治疗、无病不防”的观念根深蒂固,其健康意识和疾病防控能力都十分薄弱。面向公众普及医疗健康知识能让其“早发现、早诊断、早治疗、早康复”,这对提升国民整体健康水平、节约医疗资源非常重要。

现实却是,大部分人在遇到健康问题时,会选择上网搜索相关信息。但网上信息繁杂,一般受众很难筛选辨别出有价值信息。即便市面上有不少医疗科普平台,但多数运营者并非专业人士,以流量为导向的内容往往质量参差不齐且筛选不严,导致伪科学、软营销等信息的泛滥。像微信曾做过一次谣言分析,结果就显示:健康养生类的谣言仅次于政治和社会秩序位居第二,占到15.1%

阮盛铁表示,医院拥有丰富的医疗资源,而医生具备专业的医学健康知识和丰富的临床实践经验,健康科普的主力军应该是医疗机构和医生。

目前,已有越来越多医院和医生参与其中。从已有的实践形式来看,带有“协和”、“院长”、“专家”这种强IP属性的医生会选择自建媒体来进行健康知识传播,但受限于产能的不足,难以满足广大受众多层次、多样化、个性化的科普需求;而对于不那么“网红”的优秀医生而言,发声渠道又很有限。

对此,有来医生想要做的是,尽量覆盖更多的优秀医院和医生,产出更多靠谱的科普内容。阮盛铁透露,为在内容上有足够的专业背书,平台签约的三甲医院10000+副高及以上医生,平均每月至少能生产1万支视频。

36氪首发 |汇集1万多名医做健康科普,内容提供商「有来医生」获数千万元A轮融资

“有来医生”网站主页

当然多数人也会疑问即使是专业的医生也未必就掌握科普的真理,不仅要建立标准的内容生产流程,还要对医生进行持续“教育”。

基于此,平台的基本操作流程是:首先,团队通过大数据分析挖掘用户线上浏览及搜索行为,提炼关注度最高的健康疾病类问题;然后,有针对性地找到最匹配的专家进行解答;最后,由团队医学编辑进行精细化加工,制作出通俗易懂的健康科普内容(图文/语音/视频),并向全网分发。公司未来还将从科普观念宣传、科普能力培训、科普内容设计、呈现形式包装等方面对医生进行培养。

整个制作和输出过程要经历“三审三校”,即由团队的医学编辑和签约医生多次审核通过后才最终出炉。为了让其更有趣味性,有来医生还计划融入3D、4D、VR、智能语音等技术,增强用户参与度和互动性。

阮盛铁还表示,做健康科普一定要有用户思维,因此要建立精准化的内容体系:通过大数据分析挖掘来考察公众健康需求并描摹健康科普用户画像,构建全民全域疾病图谱和健康地图,实现健康知识与服务精准推送。

具体到内容分发上,有来医生几乎布局了所有的平台,包括分类搜索引擎、数字媒体、流媒体、知识问答平台以及自媒体等,甚至是一些智能设备,通过一些交互设计完成日常科普。据悉,目前其日均触达受众已达400万。

其实,健康科普称得上是件利国利民的好事,但因从内容到商业化漫长而不确定,相较于社会办医、医生集团、医疗创新等项目,它在医疗行业一直处于相对边缘的地位。尽管生产健康科普内容的公司也不在少数,但内容也都处于附属地位。

对有来医生来说,即便具备了充分的科普内容及生产能力、足够的用户覆盖量,也会面临同样的问题。对此,阮盛铁解释到,如果能基于优质内容建立有来医生的品牌,那变现只是迟早的事,譬如与其它医疗服务平台内容打通,或作服务聚合;他还表示,医生还是整个医疗领域中最宝贵的资源,若能建立与医生之间的“强联系”,商业想象空间也会很大,譬如做他们自主创业/多点执业的“经纪人”等。

市面上也不乏一些成功的案例,譬如崔玉涛就完成了内容输出、建立品牌、知识产品化、儿科诊所落地等一系列过程;丁香园则通过建立拥有过2000万粉丝的庞大微信矩阵,拓展了来问医生、丁香诊所等业务。等等。

团队方面,创始人阮盛铁是一名连续创业者,曾先后创办数字营销服务商真龙在线、在线问诊平台医患帮。整个团队目前共有200多人,其中30%是医学编辑;30%为后期制作;20%技术团队,20%是运营和市场人员。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

AI翻訳で続きを読む

Google翻訳などのAIを使い、編集者が補正した文章です。

36Krは健康科学普及教育プラットホーム「有来医生」が既に1千万元のAラウンド融資を獲得したという情報を掴んだ。投資したのは疆域資本である。本融資は完全なビッグデータ分析、AI等の技術を用いて、健康科学普及を主体として、コンテンツ、フォーム、キャリアなどの新しいレベルを推進している。

有来医生は2016年に成立し、優良な医師と契約する事にフォーカスを当てている。彼らは専門的に健康科学普及の内容を生み出す事によってそれぞれの主流となるチャネルを生み出す。有来医生の創始者でありCEOである阮盛铁氏は、昔から一般の人々の「病気であれば治療し、病気がなければ防ぐ必要もない」といった観念が深く根付いており、その健康意識と疾病防御能力はとても低いと考えている。人々に医療健康知識を普及する事は「早期発見、早期診断、早期治療、早期健康回復」させる事であり、これは国民全体の健康レベル向上や医療資源の節約に大変重要な事である。

実際、多くの人が健康問題に直面すると、ネットでその健康問題に相関する情報を検索する。しかし情報は複雑であり、一般人が価値のある情報を選別して得る事は難しい。たとえ多くの医療科学普及プラットホームがネット上にあったとしても、多くは運営者が専門家ではなく、流れてくる情報量も質を伴わずに科学的根拠のない情報を不用意に集めてしまったり、ソフトマーケティング等の氾濫に手を出してしまったりしている。微信ではかつて一つの噂を分析した結果、健康養生の噂は政治や社会秩序についで第2位であり、15.1%を占めていたとしている。

阮盛铁氏は病院には豊富な医療資源があり、医師は専門的な医学健康知識や豊富な臨床経験を備え、健康科学普及の主力は医療機関や医師であると言っている。

現在、既に多くの病院や医師が参加してきている。既にある実践形式から観ると、「協和」や「院長」、「専門家」と言った強いIP属性の医師は自らメディアを選択して健康知識を宣伝しているが、生産能力に限りがあり、大衆の多層階、多様化、個性化した科学普及の要求を満足させるのは難しい。「ネット上で有名」な優秀な医師でなければ、発言を知ってもらう道には限りがある。

これに対して、有来医生は、できるだけ多くの病院や医師をカバーし、信頼できる科学滴情報の普及を生み出すようにしたい。阮盛鉄氏は、コンテンツに関して十分な専門の裏書をとるため、三甲医院の10000以上の高等医師が契約し、毎月平均少なくとも1万の動画を生み出せるとしている。

当然多くの人が疑問に思うのは、専門的な医師であっても科学普及のロジックを未だ理解していないだけでなく、スタンダードな内容を生み出すだけでなく、医師に対しての継続的な「教育」も必要である。

これに基づいて、プラットホームの基本操作過程は、先ずチームがビッグデータ分析をとおして顧客をネット上からのブラウズや検索行為を掘り起こし、健康疾病問題に注目度を最も高めるようにした後、最も適した専門家によって解答される。最後にチーム医学による編集で細分化して加工されることで、通俗的で分かりやすい健康科学普及の内容となっていて(図、文章/音声/動画)、同時にネットで発信する。会社の未来は科学普及観念の宣伝から、科学普及能力の養成、科学普及内容の設計、パッケージングの形で医師をトレーニングする。

全ての制作と生産には「三審三校」という過程が必要であり、チーム医学の編集と契約した医師が何度も審査して通った後に最終的に日の目を見る。更に面白い要素を含ませるため、有来医生は3D、4D、VR、インテリジェンスワード等の技術を投入して、顧客の使用度を高め相互作用を促す。

阮盛鉄氏は健康科学普及には必ずユーザーの思考が大切で、これによって精確な標準化体系を立てる必要があると言っている。ビッグデータ分析を通して考察すると、人々の健康欲求はユーザーの画像をトレースし、全ての疾病の病理データや健康データを構築し、健康知識とサービスの提供を行うことができる。

コンテンツが配信されると、有来医生のほとんどがあらゆるプラットフォームにレイアウトされる、それには索引やデジタルメディア、ストリーミングメディア、知識の質問と回答のプラットフォーム及び自己メディア等が含まれている。インテリジェントデバイスが含まれている場合もあり、インタラクションデザインを通して日常の科学技術の普及が行われている。今のところ、この情報を目にする人の数は1日平均400万人に達すると言われている。

実際、健康科学の普及は国と国民にとって喜ばしいことである。しかしコンテンツが商業化するには長期化し不安定となり、社会に従事している医師、医師グループ、医療の最新項目と比較すると相対的にはずっと端に追いやられている。健康科学の普及内容を生み出している会社も少なくないが、内容は付属品程度の地位を占めている。

有来医生については、充分な科学普及内容と生産能力、充分な顧客を備えているが、同じような問題に面している。これに対して、阮盛鉄氏の解釈は、良質な内容で有来医生のブランドを作っていく事、それは時間の問題といえます。例えばその他の医療サービスプラットホームとコンテンツのアクセスができたり、またはサービスを統合したり。彼はまた医師は全ての医療領域の中でも最も貴重な資源であり、もし医師の間をつなげるような「強力な連係」を作る事ができれば、たとえ彼らが自主的に創業したとしても、多くは「ブローカー」等がやっていることだが、ビジネスプランも大きくなるだろう。

市況も成功例は多い。崔玉涛氏は科学普及の内容を生み出し、ブランドを建て、情報を商品化し、小児科診療所を建てる等の一連の過程を完成させている。丁香园氏も2000万のファンという膨大な微信の行列を作り、診療、丁香診療所等の業務を開拓した。

会社については、創始者の阮盛鉄氏が創業者代表の一人として名を連ね、デジタルマーケティングサービスである真龍オンラインやオンライン問診プラットホーム医患幇を創業した。全体的に、今のところ合計200人以上在籍し、その中の30%が医学編集に従事、30%がポストプロダクション、20%がテクニカルチーム、20%が運営及び市場メンバーである。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録