ヘルスケア用スマートデバイス「左点(ZDEER)」 シリーズA+で16億円超を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

ヘルスケア用スマートデバイス「左点(ZDEER)」 シリーズA+で16億円超を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

スマート養生(養生とは伝統医学に基づき、健康を増進し病気の自然治癒をうながすこと)製品を開発する「左点(ZDEER)」が、シリーズA+で1億元(約15億円)超を調達した。リード・インベスターは「高瓴創投(GL Ventures)」、コ・インベスターは「清流資本(Crystal Stream Capital)」、「碧桂園創投(CGVC)」などが務めた。同社は2020年4月のシリーズA、2019年10月のプレシリーズAでそれぞれ数千万元(数億円)の資金を調達している。

2014年12月に設立された左点の看板商品にはスマート艾灸器(もぐさを使ったお灸)と足湯器の2シリーズがあり、この2つのシリーズ関連だけですでに1300件の特許を申請したという。創業以来の5年間、同社売上高は年平均100%の成長率を維持している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録