ドキュサイン上場にみる中国電子署名市場

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

スタートアップ特集注目記事

ドキュサイン上場にみる中国電子署名市場

从 DocuSign 上市看中国电子签名市场

本文是创投观察系列的第70篇

创投观察 | 从 DocuSign 上市看中国电子签名市场

4月26日,美国电子签名服务商DocuSign以每股29美元的价格进行IPO,募集资金净额为6.29亿美元。IPO后一个月,DocuSign的估值涨至60多亿美元,现有回落在50多亿美元,整体依旧远高于上一轮融资时的30亿美元估值。这一消息无疑也极大地提振了国内的电子签名市场。

DocuSign的成功上市向国内电子签名市场传递了哪些信息?国内的电子签名公司与DocuSign差异在哪?中国电子签名市场的发展路径有何特性?国内电子签名公司法大大创始人兼CEO黄翔分享了他的看法:

招股书基本点

1、从DocuSign的招股书中可以看到,2003年成立的DocuSign拥有超过37万的企业用户和数亿个人用户,平台成功签约次数总计超过7亿次。

2、2015年、2016年和2017年,其营收分别为2.550亿美元、3.815亿美元和5.185亿美元,同比增长分别达到了52%和36%。

3、在市场拓展方面,其自有的直销团队贡献了营收的主要部分,但同时他们也通过与领先的科技巨头合作,实现了产品的集成销售。如Google、微软、NetSuite、Oracle、Salesforce、SAP、SAP SuccessFactors、Workday等,都已将DocuSign的电子签名模块集成到他们的定制应用程序中,以支持客户在现有业务系统上签名、发送和管理协议。通过和这些科技巨头的合作,Docusign得以迅速触达更广泛的客户群体。

国内外相似环境

主要表现在:

1、合同的无纸化、线上化是全球趋同走势,未来市场想像空间巨大。

据DocuSign估计,他们的潜在市场规模在2017年就达到了250亿美元,而目前其一年的营收为5.185亿美元。虽然国内电子签名市场的起步较晚,不过随着企业大量业务场景拓展至线上场景,企业的合同电子化需求被不断激发放大。

2、 合同作为企业正常运营的基础契约保障,具有非常强的关联性及延展性,这对电子合同的市场渗透产生了非常好的网络效应。

除了一个企业的使用会带动其上下游所有关联企业的使用外,企业内某个部门使用后所带来的效率提升也将带动内部其他部门的使用。从DocuSign的招股书来看,他们就有客户是从最初的1个使用场景发展到如今的300多个使用场景的。

3、 电子签名跨行业的适用性极高。

DocuSign的业务数据显示,他们并没有明显的客户集中度,最大的客户所占收入不到3%。这是由于电子签名产品与各行业的高适用性相关,电子签名可以说是互联网场景的基础设施。

4、电子签名产品必须符合当地法律法规对电子签名的相关要求。

DocuSign的产品设计确保了其产品符合美国的ESIGN法案及欧盟eIDAS的要求;在中国,也有一系列针对电子签名产品的法律法规,如《中华人民共和国电子签名法》《中华人民共和国电子商务法(草案)》《中华人民共和国合同法》《中华人民共和国民事诉讼法》等都对电子签名的使用做出了相关的规定且提供了必要的法律依据。现行法律法规的支持,是产品设计的基本要义。

国内外差异点

由于国内司法、法律环境以及企业服务市场与欧美的存在差异性,中国的电子签名产品及市场发展必将有其自身的特色,主要体现在:

1、产品的复杂度及对安全性的要求更高。在中国,依照相关法律法规要求,电子合同对签署主体需要有一个严格的身份认证流程。

2、 国内互联网的快速发展,推动了互联网法院、网络仲裁等一系列引领全球司法实践创新的服务,同时对电子证据存证提出了全新的要求。电子签名最终还是一个电子证据,签名是为了保障相关方的权益。最终还需要延伸出电子存证、司法鉴定、出证服务、律师服务等一系列服务。

3、DocuSign在发展了8年之后的2011年才展开大企业销售业务,但在国内,通常企业在业务发展的第2年便开始了大型企业的业务对接并获得了许多行业标杆大客户的青睐。这与国内互联网+的蓬勃发展、大企业信息化的刚性需求密不可分,大量的企业业务及交易在往线上迁移,对合同及文件签署的线上化需求也更急迫。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

AI翻訳で続きを読む

Google翻訳などのAIを使い、編集者が補正した文章です。

本文は「ベンチャーキャピタル観察」第70回目の記事です。

4月26日、米電子署名サービス会社ドキュサイン(DocuSign)は一株29ドルで新規株式公開(IPO)を申請、募集資金の総額は6.29ドルになる。IPO実施後1か月で、DocuSignの株価は60数億ドルに上がった。現在は50数億に落ち着いているが、全体として前ラウンドにおける融資額の30億を大きく上回っている。このニュースは確実に、国内電子署名市場を大いに活気づけた。

ドキュサイン社の上場成功は、国内の電子署名市場にどんなニュースをもたらしたのか?国内の電子署名会社とドキュサインとの差異はどこにあるのか?中国電子署名市場の発展方法にはどんな特徴があるのか?国内電子署名会社法大大(Fadada)の創業者でありCEOの黄翔氏はこう語った。

目論見書の基本ポイント

1、ドキュサイン社の目論見書から、2003年設立のDocuSign社には37万社の法人顧客と数億人の個人顧客がおり、プラットフォーム成約件数は総計7億件を超えていることが読み取れる。

2、2015年、2016年及び2017年の売上高はそれぞれ、2.550億、3.815億、5.185億ドルで、同期比成長率は52%および36%である。

3、市場開拓の面では、直販チームが主要な売り上げに貢献しており、一方同時に、先進的科学技術大企業と協力し、製品の統合販売を実現した。例えば、グーグル、マイクロソフト、ネットスイート、オラクル、セールスフォース、SAP、SAP SuccessFactors、Workdayはすでに、ドキュサイン社の電子署名システムを彼らそれぞれのオーダーメード・アプリケーションに組み込み、顧客の業務システム内での契約書の署名、配信、管理のソリューションを提供している。ドキュサイン社はこれら科学技術大企業と協力することで、さらに広い顧客基盤を築くことができた。

国内外の類似環境

主な状況:

1、契約のペーパーレス化、オンライン化は世界的なトレンドで、将来の市場規模はかなり大きい。

ドキュサイン社の推定では、潜在市場規模は2017年で250億ドルに達していて、現在のところ、この1年間の販売額は5.185億ドルだった。国内の電子署名市場の発展は比較的遅いものの、企業における多くの業務がオンラインに拡がるにつれ、契約の電子化への需要は急速に高まってきている。

2、契約は企業の運営における基本的な保障として非常に強力な関連性と拡張性があり、電子契約の市場への広がりに対し非常に好ましいネットワーク効果を生み出す。

ある企業への導入が、その上下流に位置する関連企業への導入をけん引するが、それ以外にも、企業内のある部門に導入し、業務効率が向上すると、他部門への導入も推し進められる。ドキュサインの目論見書によると、最初の顧客は1軒だったのが現在は300軒以上の顧客が存在する。

3、業界をまたいだ電子署名の適用性はかなり高い

ドキュサイン社の業務データを見ると、特定顧客依存度それほど明らかに高くはなく、最大顧客からの収入は全収入の3%に満たない。これは電子署名関連ソリューションの各業界への高い適用性が相関しており、電子署名はインターネットにおける基本インフラであるといえる。

4、電子署名関連ソリューションは、当該地域における法律、規則の電子署名に対する要求基準を満たしていなければならない。

ドキュサイン社の製品設計は、米ESIGN Act法案及びEUのeIDASの要求基準を満たしている。中国においても電子署名に対する一連の法律・規則が存在する。例えば、≪中華人民共和国電子署名法≫、≪中華人民共和国電子商取引法(草案)≫、≪中華人民共和国契約法≫、≪中華人民共和国民事訴訟法≫など、どれも電子署名の使用に対して規定や必要な法的根拠を与えている。現行法及び規則への準拠は、製品設計の基本要件である。

国内外の違い

国内の司法、法律および企業のサービス市場と、欧米のそれらとには違いがある。このことにより、中国での電子署名関連ソリューション及び市場の発展の仕方には独自の特徴が表れる。主な特徴として以下のようなものがある:

1、ソリューションの複雑さや安全性に対する要求がさらに高い。中国では関連法律及び規則に基づき、電子契約における署名者に対し、厳格な身分認証手続きの実施をを求めている。

2、国内でのインターネットの急速な発達は、インターネット裁判所、オンライン仲裁など、世界の司法をリードする新しいサービスの実践を推し進めている。電子署名は最終的に1つの電子的証拠であり、署名は関係者の権益を保障するためのものである。また、電子証明書、法医学や物証鑑定などの司法鑑定、弁護士など一連のサービスにも拡大する必要がある。

3、ドキュサイン社は8年の発展を経た後の2011年になってから大企業への営業を展開した。しかし国内においては、事業展開の2年目に大企業との接触を開始し、多くの業界と大口顧客から支持を得ている。このことは、国内におけるインターネットとインターネットの発展、および大企業の情報化での厳しい要求とは切っても切り離せない。多くの企業業務及び取引がオンラインに移行する中、契約及び文書への署名のオンライン化に対する要求は急速に高まっている。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録