優酷(Youku)は公式日本ドラマを配信予定、コンテンツ管理はどうする?

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

ビジネス

優酷(Youku)は公式日本ドラマを配信予定、コンテンツ管理はどうする?

优酷要引进大量正版日剧,内容监管这关怎么过?

优酷在平台内容的开发上又有了新动向。

据日经中文网报道,日本富士电视台将与优酷展开合作。自7月起在中国全境播出日本的电视剧。

富士电视台正在积极开拓海外市场。但近来在中国市场表现不佳。据日经中文网报道,自2014年度富士电视台向中国销售了创出历史新高的27部作品之后,2015-2017年度仅为数部。此次同优酷的合作,是想提高其在中国市场的电视剧销售量。

对于优酷来说,这一合作关系的达成正当时。中国视频网站在优质内容上的竞争十分激烈。从综艺、电视剧到体育赛事IP,从购买海外版权到自制,优酷、爱奇艺与腾讯视频三家头部视频巨头你追我赶。而今年优酷在优质内容的竞争上获得了不错的成绩。

据2018年7月QuestMobile《世界杯小组赛数据洞察报告》显示,世界杯小组赛开赛后,优酷日活跃用户数破亿,较6月非比赛期间增长22%。世界杯小组赛期间,优酷APP日人均使用时长峰值达50.4分钟,较6月非比赛期间增长9.8%。

最前线 | 优酷要引进大量正版日剧,内容监管这关怎么过?

图片来源于QuestMobile

最前线 | 优酷要引进大量正版日剧,内容监管这关怎么过?

图片来源于QuestMobile

世界杯后,优酷紧接着与苏宁体育达成合作,开始重视体育内容的打造。现在又和富士电视台合作播出日剧,优酷显然是意识到世界杯比赛只是短暂的福利,持续开发优质内容才是获得长期竞争优势的关键所在。

而日剧在中国市场的潜力值得期待。早前的《胜者即是正义》《深夜食堂》《朝五晚九》等都获得了不错的播放量。据不完全统计,《胜者即是正义》在B站播放量早已突破千万,第一部在豆瓣评分达到了9.3,评价人数超过15万;第二部评分9.2,评价人数超10万。

富士电视台也出过不少经典日剧,例如《东京爱情故事》《交响情人梦》,它们在豆瓣评分都在9分以上,2017年出的《紧急救命3》评分也超过8分。因此,播放日剧对于增长优酷的内容优势,吸引日剧爱好者,增加优酷APP的用户粘度等都有促进作用。

与富士电视台合作的消息一出,就有不少网友表示很期待。但优酷播放日剧也存在相应的风险。虽然有不少日剧得到中国观众的喜爱,但有部分日剧存在尺度过大、所传递的价值观不符合中国的主流价值观等问题,由此可能造成相关日剧在审核上遇到阻碍。

视频网站的影视剧因内容不符合规定而被要求下架整改已经不是新鲜事。因此,内容审核是优酷在日剧引进过程中不可忽视的一环。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

AI翻訳で続きを読む
コメントを見る

Google翻訳などのAIを使い、編集者が補正した文章です。

優酷のプラットフォームコンテンツ開発に新たな動きが。

日経新聞中国語版は日本のフジテレビが優酷と提携すると報じた。7月から中国全土で日本のテレビドラマを配信する。

フジテレビは積極的に海外展開を進めている、しかし中国市場での展開は芳しくなかった。日経新聞中国語版によれば、2014年度からフジテレビは高視聴率を更新した27作品を中国市場に向け販売し、その数は2015から2017年度の間で数作品だけだ。今回の優酷との提携で、中国市場への販売数を伸ばす考えだ。

優酷にとって、実にいいタイミングで今回の提携を成功させた。中国の動画サイトは優良コンテンツで熾烈な争いを繰り広げている。バラエティ、テレビドラマからスポーツ番組の権利、海外の版権購入から自主制作まで、優酷や愛奇芸(iQIYI)、騰訊(テンセント)などの三大動画サイトが鎬を削っている。そして今年優酷は優良コンテンツの競争で良い成績をおさめた。

2018年7月のQuestMobile「ワールドカップ予選大会の考察報告書」によれば、ワールドカップ予選大会開催後、優酷のデイリーアクティブユーザは1億を突破、6月の大会期間外と比べて22%も上昇した。ワールドカップ予選大会開催期間中、優酷の一日平均使用時間はピークで50.4分に達し、6月の大会期間外と比べて9.8%も上昇した。


ワールドカップ後、優酷は蘇寧体育と引き続き提携し、スポーツコンテンツ作成を重視しはじめた。しかし、フジテレビと提携して日本のテレビドラマ配信する事で、ワールドカップ大会は短期的な利益に過ぎず、優良コンテンツを開発し続けることが長期的な競争優位性の鍵となると示した。

日本のテレビドラマの中国におけるポテンシャルは期待に値する。最近の「リーガルハイ」「深夜食堂」「5時から9時まで」などは全て高視聴率を獲得している。完全な統計ではないが、「リーガルハイ」はビリビリ動画で早くも一千万以上の配信量を突破、シーズン1は豆瓣(Douban:中国のコミュニティサイト)の評価で9.3をマークし、評価人数は15万人を超えた。シーズン2の評価は9.2、評価人数は10万人を超える。

フジテレビは多くの名作テレビドラマを世に送り出した。「東京ラブストーリー」や「のだめカンタービレ」など、これらの作品も全て豆瓣の評価で9ポイント以上だ。2017年の「コード・ブルー シーズン3」の評価も8ポイントをオーバーしている。そこで、日本のテレビドラマを配信する事で、優酷のコンテンツ優位性向上、日本のテレビドラマファン獲得、優酷アプリのアクティブ度を促進させる起爆剤とする。

フジテレビとの提携情報が報道されると、ネット上では早くも期待の声が高まった。しかし優酷の日本のテレビドラマ配信は同時に危険性も伴う。日本のテレビドラマは中国のファンを引きつける事ができるが、一部のテレビドラマはスケールが大きすぎて、価値観が中国の主な価値観と合わないという問題がある、その点が日本のテレビドラマ審査のネックになる可能性がある。

動画サイトのコンテンツが規定違反で削除される事は珍しい事ではない。優酷が日本のテレビドラマを配信する過程でコンテンツの審査は無視する事はできない。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録