中国の大学で初めて飼育に成功したクローン猫、パートナー募集

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新華社短信

中国の大学で初めて飼育に成功したクローン猫、パートナー募集

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

【新華社青島9月7日】中国山東省青島市の青島農業大学はこのほど、クローン猫「平安(ピンアン)」が発情期を迎え、研究員が「結婚相手」(パートナー)を募集していると明らかにした。ピンアンは昨年12月24日に同大で誕生。ブリティッシュロングヘアの雌で、中国の大学で初めて飼育に成功したクローン猫となる。

同大学生命科学学院の趙明輝副教授は、「生殖能力はクローン動物が正常かどうかを評価するための重要な指標で、ピンアンに発情の兆候が現れてから、同品種の雄猫と交配させたいと思っていた」と説明した。

ピンアンのパートナー募集のニュースは、インターネットで公開されるとたちまち多くのネットユーザーの注目を集めた。しかし、パートナーの条件は厳しく、品種はブリティッシュロングヘア、毛柄はシェーデッドシルバー、健康状態は良好という条件を満たさなければならない。

趙氏は「現在、多くの『縁談』が持ち込まれている。1次審査で比較的似合いの相手が3匹見つかったが、最終的な決定は厳格な身体検査を経てからになる」と語った。(記者/王凱)

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録