大人気のユニバーサル北京、第2期の建設を計画中

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新華社短信

大人気のユニバーサル北京、第2期の建設を計画中

続きを読む

【新華社北京12月3日】国務院新聞(報道)弁公室が、北京副都心の発展促進に関する記者会見で、ユニバーサル北京リゾート第1期の年間入場者数が1千万人規模になるとの見通しを示し、第2期の建設も計画中だと明らかにした。

発表によると、第1期の敷地面積は1.8平方キロ。今年9月20日の開園から人気は衰えず、今後の年間入場者数は1千万人規模になると予想される。第2期の敷地面積は2.2平方キロを見込んでいる。

ユニバーサル北京リゾートには7軒のホテルを建設する予定で、すでに2軒が完成している。多くの来場者が付近での宿泊を希望していることから、副都心周辺と廊坊市の北部3県(香河県、大廠回族自治県、三河市)などでも民泊観光需要がある程度高まっている。副都心のある通州区の民泊観光も順調な伸びを示しているという。

世界最大「ユニバーサル北京」、国慶節の観光消費をけん引 4日間10万人以上入園

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録