鴻海グループ、サウジでのEV製造合弁企業設立に向けて協議中

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新興国短信

鴻海グループ、サウジでのEV製造合弁企業設立に向けて協議中

続きを読む

関係者によると、サウジアラビアと台湾鴻海科技集団(Foxconn Technology Group)が電気自動車(EV)を製造する合弁企業の設立に向けて協議中であると報じられた。同企業の設立は、石油に高く依存するサウジ経済の多角化に向けた取り組みを後押しする可能性があるという。

さらに、約4500億ドル(約51兆円)の資産を運用するサウジアラビアの政府系ファンド「公共投資ファンド(PIF)」が新たに設立する「Velocity」という名称の事業体が合弁企業のマジョリティ株主となり、一方、マイノリティ株主となる鴻海は、EVにソフトウェア、エレクトロニクス製品及び電気アーキテクチャを供給していくとの見通しを明らかにした。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録