中国EV「哪吒汽車(Neta)」が新たに約360億円調達 年内IPOを計画

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

中国EV「哪吒汽車(Neta)」が新たに約360億円調達 年内IPOを計画

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

電気自動車(EV)ブランド「哪吒汽車(Neta)」を抱える中国新興EVメーカー「合衆新能源汽車(Hozon Auto)」(以下、哪吒)がこのほど、シリーズD3で約20億元(約360億円)を調達した。出資者は「中車基金管理」「深創投(Shenzhen Capital Group)」など。資金調達後の同社の評価額は250億元(約4500億円)を超えた。ニュースメディア「晩点(Late Post)」が報じた。

同社は21年10月に実施したシリーズD1では40億元(約720億円)を調達。うち20億元をインターネットセキュリティ企業の「Qihoo360(奇虎360)」が出資した。また、同年12月には、シリーズD2で車載電池メーカー「寧徳時代新能源科技(CATL)」やQihoo360、「北京汽車集団(BAIC Group)」傘下の投資会社「北京汽車集団産業投資(BAIC Capital)」から資金調達したと発表している。

哪吒は評価額約70億ドル(約8000億円)を目標に、プレIPO(上場直前の段階) の準備を進めており、年内にも香港で上場する計画だという。

今回の資金調達の関係者は「哪吒のシリーズDは昨年半ばから始まっており、期間中にソフトバンク・ビジョン・ファンド(SBF)やアラブ首長国連邦の政府系ファンド「アブダビ投資庁」、シンガポール政府投資公社(GIC)なども出資交渉を進めていたが、今回はタイミングなどを理由に出資を見送った。中には出資寸前までいった投資機関もあったが」と述べた。

(36Kr Japan編集部)

中国NEV各社、22年1月の販売台数好調  新興トップは小鵬汽車

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録