アリババ系ヘルステック「阿里健康」、22年度売上高3割増 オンライン薬局のユーザ数は1億人超

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

アリババ系ヘルステック「阿里健康」、22年度売上高3割増 オンライン薬局のユーザ数は1億人超

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

アリババ傘下で医療関連のネットサービスを手掛ける「阿里健康(アリヘルス)」が5月25日、2022会計年度(21年4月1日〜22年3月31日)決算を発表した。

売上高は前年度比32.6%増の205億8000万元(約3900億円)で、売上総利益は41億1000万元(約780億円)だった。うち、医薬品販売の直営事業の売上高が35.5%増の179億1000万元(約3400億円)に上った。

22年3月31日時点で、直営のオンライン薬局の年間アクティブ・コンシューマーは1億1千万人を超えている。

中国、オンライン医療の監督管理強化 AIによる診察が禁止に

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録