景徳鎮で世界初の古陶磁器「遺伝子バンク」が設立 標本2千万枚データ化へ

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新華社

景徳鎮で世界初の古陶磁器「遺伝子バンク」が設立 標本2千万枚データ化へ

続きを読む

【新華社南昌6月12日】中国江西省の景徳鎮御窯博物院は11日、景徳鎮古陶磁器「遺伝子バンク」のプレート除幕式を開いた。北京大学や清華大学、故宮博物院、中国科学院上海ケイ酸塩研究所などと協力し、古陶磁器遺伝子バンクを構築する。同博物院の翁彦俊(おう・げんしゅん)院長は、大量の考古学標本と情報に基づく世界初の古陶磁器遺伝子バンクであり、陶磁器文化研究の壮挙だと表明した。

景徳鎮は「千年の磁都」とよばれ、世界の磁器製造の歴史的ピークの集大成とされる。御窯遺跡を中心とする景徳鎮磁器文化は世界に二つとない歴史的、科学的、芸術的価値を持つ。

人民日報客户端江西頻道より

翁氏は「陶磁器研究の専門機関として、御窯博物院とその前身の景徳鎮市陶磁考古研究所は、40年近くの考古学活動の中で2千万枚近くの各種古陶磁器破片標本を蓄えてきた」と説明。今後は先端機器を用いて物理形態とデジタル形態の「遺伝子」標本を作り、明代御窯の古陶磁器片に関する最初の標本1万個近くの制作を1年半で完成させると述べた。

同博物院は、日常の研究活動で海外の多くの博物館、研究機関、専門家とも密接に交流しており、陶磁器文化研究での協力も進んでいる。翁氏は、遺伝子バンクが完成すれば国内外の学術機関と積極的に協力し、古陶磁器研究データの世界的な共有を進める考えも示し「これは絶えず拡張していく遺伝子バンクだ。中国さらには世界の古陶磁器の発掘と研究、陶磁器文化の発展のための優れたプラットフォームになる」と語った。(記者/呉濤、袁慧晶、霍丹彤)

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録