世界アプリ売上高、上位1%が約9割占める トップ2は中国テンセントとバイトダンス:22年1~6月

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業特集注目記事

世界アプリ売上高、上位1%が約9割占める トップ2は中国テンセントとバイトダンス:22年1~6月

tencent
続きを読む

2022年1~6月期は、世界のアプリパブリッシャーの上位1%にあたる約1800社がApp StoreとGoogle Playでの売上高の91%にあたる約420億ドル(約6兆円)を占め、残りの18万3000社が、9%にあたる40億ドル(約5700億円)を分け合った。中国のIT関連メディア「IT之家」が9月11日、米モバイルアプリ調査会社「Sensor Tower」のリポートを引用して伝えた。

パブリッシャー別の売上高では、テンセントが約33億ドル(約4700億円)で1位、バイトダンスが13億ドル(約1900億円)で2位となり、上位2位を中国企業が占めた。「王者栄耀(Honor of Kings)」や「PUBG MOBILE」などの人気ゲームアプリを抱えるテンセントは、世界のアプリ売上高の7%を稼ぎ出した。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録