若者を狙った白酒ブランド「江小白」のメーカー「江記酒荘」、200億円調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

スタートアップ注目記事

若者を狙った白酒ブランド「江小白」のメーカー「江記酒荘」、200億円調達

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国の新興白酒ブランド「江小白(Jiangxiaobai)」で知られる酒造メーカー「江記酒荘」が、総額10億元(約200億円)を調達した。出資者は「重慶市江津区国有資産監督管理委員会(重慶江津区国資委)」傘下の「華信資産」。資料によると、重慶江津区国資委は江記酒荘株の13.79%を保有する第3位の株主となった。

同社は江津区で、コーリャン(高粱)を原料とする白酒の江小白だけでなく、梅酒の「梅見」、米酒の「蓑衣」なども生産している。

2012年に設立された江小白は、高級志向に傾く従来の白酒ブランドとは逆に、若者をターゲットとすることで一気に市場を切り開いた。設立翌年の13年には5000万元(約10億円)を売り上げ、17年には20倍の10億元を突破した。

若者に人気の新白酒ブランド「江小白」が資金調達、評価額は2000億円超えか

(36Kr Japan編集部)

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録