アップル、24年のiPhone SE 4の発売計画中止か 自社製チップ採用も見送りの可能性

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

アップル、24年のiPhone SE 4の発売計画中止か 自社製チップ採用も見送りの可能性

iphone

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

米アップル製品に詳しい著名アナリスト、郭明錤(ミンチー・クオ)氏は1月7日のブログで、2024年の「iPhone SE 4」発売計画が中止されたとの認識を明らかにした。アップルのサプライチェーンに連なる企業が、同社から生産中止の指示を受けたことが根拠だという。クオ氏は22年12月、同機種の発売が延期または中止される可能性を指摘していた。

現在のiPhone向けベースバンドチップは米クアルコムが提供しているが、クオ氏によると、アップルは24年の新機種に自社開発したベースバンドチップを搭載する計画だった。まずは廉価版のiPhone SE 4に搭載し、同機種の開発状況次第で上位機種の「iPhone 16」にも搭載する考えだったという。

クオ氏は、iPhone SE 4の発売計画が中止されたため、iPhone 16には引き続き米クアルコム製のベースバンドチップが搭載される可能性が高いと指摘している。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録