中国ネット配車大手「Dida(嘀嗒)」、香港IPO再開 4年連続黒字達成

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

スタートアップ注目記事

中国ネット配車大手「Dida(嘀嗒)」、香港IPO再開 4年連続黒字達成

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国配車サービス大手の「嘀嗒出行(Dida Chuxing)」(以下、嘀嗒)が2月20日、香港証券取引所に新規株式公開(IPO)を申請、手続きを再開した。

同社は相乗り(ライドシェア)事業とタクシー事業を2本柱としている。。目論見書によると、総取引量(GTV)は2020年が約81億元(約1590億円)、21年が78億元(約1530億円)、22年の1~9月が46億元(約900億円)で、売上高はそれぞれ7億5420万元(約148億円)、7億8060万元(約153億円)、4億2830万元(約84億円)、調整後の純利益は3億4330万元(約67億円)、2億3840万元(約47億円)、6540万元(約13億円)だった。

これらのデータからは、同社がこの3年間、新型コロナウイルス感染症流行の影響を受けつつも、19年に初めて黒字化を達成して以降、4年連続で黒字となる見通しであることが分かる。

嘀嗒の相乗りサービス事業は22年9月30日時点において、中国の366都市で展開しており、認証を受けたドライバーは1240万人に上る。

*2023年2月21日のレート(1元=約19.6円)で計算しています。

(36Kr Japan編集部)

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録