「Androidの代替いつでも可能」ファーウェイが新OSを正式発表

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

ビジネス注目記事

「Androidの代替いつでも可能」ファーウェイが新OSを正式発表

続きを読む

9日、スマートフォン世界2位の大手ファーウェイが主催する「グローバル開発者大会」が広東省東莞市で開幕した。その壇上で独自開発のOS「鴻蒙(HongMeng)」が初公開され、翌日に発表されるサブブランド「honor」のスマートテレビに搭載されることが明らかになった。同OSはスマートフォンにも対応しているという。

同社消費者向け端末事業グループのリチャード・ユー(余承東)CEOは、「万が一、グーグル社がファーウェイに対しAndroidの提供を中止しても、いつでも鴻蒙で代替が可能となった」と明言している。

鴻蒙はIoT機器への搭載を想定して開発されたOSだ。今後3年以内にウェアラブル端末やスマートテレビ、車載機器などへ搭載していくという。
(翻訳・愛玉)

メールアドレスを登録して中国最新情報入手