商用衛星開発の「銀河航天」:資金を調達、評価額は約760億円に

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

商用衛星開発の「銀河航天」:資金を調達、評価額は約760億円に

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

グローバル・ブロードバンド・インターネットを提供する低軌道衛星の研究開発を行う「銀河航天(Galaxy Space)」が、資金を調達した。リード・インベスターは「建投華科投資(JIC Technology Investment)」、コ・インベスターは「順為資本(Shunwei Capital)」、「IDGキャピタル」、「君聯資本(Legend Capital)」、「晨興資本(Morningside Venture Capital)」。資金調達後の評価額は50億元(約760億円)を上回り、中国国内の商用衛星開発業界でトップクラスとなった。
資金はブロードバンド通信衛星技術の研究開発と実用化に充てられる。銀河航天は2018年に、モバイル・インターネット・サービス「猟豹移動(Cheetah Mobile)」創業者の一人・徐鳴前総裁により設立された。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録