印エドテック企業へFacebookらが熱視線、投資加速で2021年は3000人の新規雇用創出を

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

新興国短信

印エドテック企業へFacebookらが熱視線、投資加速で2021年は3000人の新規雇用創出を

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

インドのオンラインメディア「ET Tech」の報道によると、エドテック企業の「UpGrad」、「Vedantu」、「Simplilearn」、「Dronstudy」、「Udemy」、「CollegeDekho」はいずれも2021年中に、技術、製品、販売部門で3000人の新規雇用創出を目指しているという。このエドテック分野はすでに15億ドル(約1619億円)以上の資金を集めており、最近ではフェイスブック、「タイガー・グローバル」、「マトリックス・パートナーズ」、「GGVキャピタル」などが投資を行っている。「EYパルテノン」のパートナーであるAmitabh Jhingan氏は、ますます多くの大手プライベートエクイティ(PE)がエドテック分野に投資しており、投資ブームを引き起こしていると述べている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録