拼多多が家電量販大手「国美」と提携 転換社債を約215億円で引き受け

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

拼多多が家電量販大手「国美」と提携 転換社債を約215億円で引き受け

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

4月19日、共同購入型ソーシャルEC大手の拼多多(Pinduoduo)は、大手家電量販チェーンの「国美零售(GOME Retail)」が発行する2億ドル(約215億円)の新株予約権付社債(転換社債)を引き受けると発表した。償還期限は3年で、クーポンレートは5%、転換価格は1株当たり1.215香港ドル(約17円)。将来的に新株予約権を全て行使した場合、拼多多は国美の株式を最大12億8000万株取得することができ、国美の総発行済み株式のうち約5.62%を保有することになる。

また、両社は製品の調達や販売、リソースの提携や相互サポート、共同マーケティングなどについて戦略的パートナーシップを締結した。内容は以下の通り:

1. 国美零售の全商品を拼多多のプラットフォームで取り扱い、大手ブランド家電製品を拼多多の「百億補貼(1500億円値引きキャンペーン)」の対象とする。

2. 国美傘下で中国全土に6000超のネットワーク拠点を持つ「安迅物流(Anxun Logistics)」と、家電アフターサービスプラットフォーム「国美管家(GOMEGJ.COM)」の2大サービスの提供範囲を拼多多の業者・ユーザーに拡大し、中大型物流、倉庫管理、搬入、家電の補修、洗浄、メンテナンス、下取りなどのサービスを提供する。

3. 拼多多は消費ビッグデータやプラットフォームのトラフィック量などデジタルリテール関連のリソースを国美に提供し、デジタル化をサポートする。

これを受け、拼多多の株価は上昇し続けており、23日の株価は(発表日より)18%増の52ドルとなっている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録