アリババ出資の印モバイルゲームプラットフォーム「Paytm First Games」、南アジア進出

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

新興国短信

アリババ出資の印モバイルゲームプラットフォーム「Paytm First Games」、南アジア進出

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

インドのオンラインメディア「ET Tech」の報道によると、インド電子決済大手「Paytm」と中国アリババ傘下のスポーツくじサービス「AGTech」のジョイントベンチャーであるゲーミングプラットフォーム「Paytm First Games」が、南アジア最大のECプラットフォーム「Daraz」と提携し、南アジア市場に参入した。

DarazはすでにバングラデシュでPaytm First Gamesのアプリをローンチしており、間もなくネパール、スリランカ、ミャンマーでもサービスを開始する予定だ。Darazは2012年に設立された、南アジアに注力するオンラインショッピングモールで、同地域に500万人のユーザーがいる。今回の提携はPaytm First Gamesにとって、アジアで最も成長の著しいゲーム市場の一つへ進出するための後押しとなるだろう。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録