UXIN上場で痛手 中古車戦線の終結までまだ道遠し

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

投資

UXIN上場で痛手 中古車戦線の終結までまだ道遠し

焦点分析 | 优信流血上市,二手车之战距离终点还有多远

核心提示:

优信IPO首日,股价先破发后上涨,最终以7.44%收盘。同期中概股和指数都在跌

优信市值29.67亿美元,低于此前一轮融资估值32亿美元,流血上市

优信上市后的表现,也将影响到未来瓜子、大搜车、人人车们在一级市场的融资

顶着2.6亿美元亏损,二手车电商优信(股票代码:UXIN)于美东时间6月27日上午在纳斯达克挂牌上市。股票发行价9美元,当前市值约29.67亿美元。

新股开始交易后经历了过山车式的走势。开盘报10.4美元,随后急遽回落,半小时内宣告破发。一路跌至8.16美元后,触底反弹。最终,优信以9.67美元的价格惊险收盘,IPO当日维持在7.44%的上涨。

焦点分析 | 优信流血上市,二手车之战距离终点还有多远

优信IPO当日股价

早盘大跌,可能受到美股整体走势的影响。27日标普500指数跌了0.86%,道琼斯指数跌了0.68%,纳斯达克指数跌了1.54%。中概股普遍收跌。

或许是事先对股价走势做出了不利的预判,优信在挂牌前数小时向SEC更新了招股书,将发行区间从10.5-12.5美元下调至9美元,总股数从3800万股下调到2500万股。募资金额也随之从3.99-4.75亿美元下降至约2.25亿美元,加上可转债,优信本轮IPO共募集约4亿美元。

虽然调低股价后,优信守住了7%的上涨,但从当前市值来看,优信仍然是“流血上市”。根据招股书中的数据,优信IPO前最后一轮融资约2.5亿美元,估值约32亿美元。在此之前,优信2017年1月G轮融资5.1亿美元,估值约36亿美元。而IPO当日,优信的市值是29.67亿美元。如果这个走势持续到锁定期结束,多家投资机构将面临被套牢的处境。

一位曾对优信做出财务预测的二手车行业投资人对36氪表示,优信此时在美股上市,实则是一个无奈之举。该人士称,IPO之前,优信在一级市场融资遇到了困难,原因是2017年的数据表现低于预期,账面上的数字支撑不起当下的高估值。

就连招股书中最大的亮点GMV(成交总额),也受到一些投资人和行业内人士的怀疑。优信称,2017年平台总GMV增至69亿美元,同比2016年增长67.0%。2018年前三个月GMV为19亿美元,较2017年同期增长47.8%。

这其中,据一位投资人透露:为二手车电商贡献GMV的一些线下门店,实际上只是传统的二手车经销商改了牌头,交易完全来自线下,但刷二手车电商的银行流水,成功记录为它们的GMV。这某种程度上造成了中国二手车电商GMV数据的整体虚高,优信只是受影响的其中一家。

2.6亿美元的亏损也是优信融资的不利因素之一。2017年初,优信完成5.1亿美金融资,创始人戴琨曾表示,计划2017年实现盈利。优信2017年没有盈利,而且将亏损从2016年的1.6亿美元扩大至2.6亿美元,2017年的营收总共为3亿美元。

导致亏损的因素很多,其中最明显的一项可能是庞大运营开销。2017年,优信把代言人从王宝强换成了奥斯卡影星莱昂纳多,在《变形金刚》电影中植入广告。年中的时候,优信创始人戴琨接受36氪采访称,这一年的品牌广告预算为11、12亿元人民币。而整体上看,优信2017年的销售和市场费用已达22亿元,超过了其全年总营收19.5亿元人民币(约3亿美元)。

二手车交易低频,获客难度大。优信、瓜子等二手车电商,基本都是靠打品牌广告从线上获客。但瓜子、人人车等C2C模式的公司,打广告可以同时为两端带来流量。而优信是B2B、B2C的模式,B端获客的渠道与C端有所区别,这从某种程度上导致了,品牌广告的转化率可能要打个折扣,庞大的市场开销并没能换来等量的收益。

这个问题,随着近两年优信金融业务的推展,表现地更加突出。中国二手车金融市场的渗透率,目前高度依赖于线下的车商。在当前的竞争环境中,抢夺车商靠补贴,这又是一笔庞大的支出。这或许也是为什么,在占优信总收入70%的2C业务中,金融收入占比80%,却没让优信实现商业模式的闭环,金融业务自身的结构还不够健康。

“我觉得它(优信)未来面临着比较大的未来问题,(就是)能够全面减亏,最后到盈利。这也是它唯一的路,因为它没有其他的东西再去讲故事。”一位二手车公司的CEO对36氪表示。

不过,优信亏损的增幅的的确确是在收窄了,金融的收益或许帮到了忙。相比2016年下降到61.5%,低于优信2017年实际营收的增幅(136.7%)和毛利润增幅(313.4%)。

焦点分析 | 优信流血上市,二手车之战距离终点还有多远

美东时间6月27日早9点半,优信在纳斯达克IPO(C位靠左为优信创始人戴琨)

长远来看,关注优信的成长性,比关注当前数据表现得出的结论更加乐观。根据汽车流通协会,2017年,国内二手车交易量达1200.09万辆,同比2016年增长了19.4%,预计2018年交易规模将接近1500万辆。如果按照未来2000万单交易、单车价格7万元、电商渗透率20%保守估算,这也是个3000亿的市场。这个体量,完全可以容得下多家数百亿市值的公司,而截止到目前,优信仍然是赛道中最被看好的选手之一。

2017年,优信营收19.514亿元,和2016年相比实现了136.7%的增长。今年第一季度,营收同比增长93.2%。如果优信能够维持这个增速,同时控制亏损,那么随着未来5年,中国二手车市场进入高增长期,占据40%市场份额的优信,仍然给市场留足了想象空间。

眼下,多家二手车电商的从业人士都向36氪表示,他们如今放下干戈,期望优信能在美股获得投资人的认可。2017年11月,二手车金融+交易公司易鑫以7.7港元的价格在港股上市,股价持续走低。截止到昨日收盘,股价已经跌至3.1港元,市值194亿港元,缩水超过一半。优信如果在美股遇冷,它的同业们的估值也很可能遭受连带性打击。

一位二手车行业投资人直言:大家目前都在观望,如果优信在美股涨的好,瓜子、人人车、大搜车们就会持续拿到钱,大家一起把这个市场做起来。如果优信股价暴跌,那么接下来,后面几家在一级市场的融资也会遇到困难。

资本过去三、四年,在二手车行业猛砸了几十亿,并在头部阵营完成站队。现在的客观情况是,大家一人一把火,持续不断地烧钱,结果发现二手车电商大战,似乎还远远没有到达中场。优信和他的同行们,可能要做好持久战的准备。而在此之前,他们还需要稳固住资本的信心,积蓄粮草。

在一个所有人都认为价值巨大、水很深、壁垒很高的行业中创业,很艰苦。就像纳斯达克的钟声敲响之前,戴琨面对全世界说的:“整个创业历程,每次认为到达关键的里程碑事件,都会让自己松一口气。但每次的经验还是,(要)把发条上的更紧。因为期待更多了,任务更重了,理想也变得更远大了。”

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

AI翻訳で続きを読む

Google翻訳などのAIを使い、編集者が補正した文章です。

三行要約:

・UXIN新規上場初日、株価が破発(株価が発行価格を下回る)したのち上昇し、7.44%上昇で終値となった。同時期中国概念株価と指数は全面下落した。

・UXIN市場価格は29.67億米ドルで、前回の融資評価額の32億米ドルよりも低く、上場は痛手となった。

・UXIN上場後の状況は、未来瓜子、大搜车、人人车らの発行市場での融資にも影響するであろう。

2.6億米ドルの赤字をうけながら、中古車ネット販売業者の優信(株式コード:UXIN)は6月27日午前ナスダック市場に上場した。株式販売価格は9米ドル、現在の市場価格は29.67となった。

新株取引開始後はジェットコースター式に動いた。始値は10.4米ドルに上昇後急落し、30分以内に破発(株価が発行価格を下回る)した。いったん8.16米ドルまで下がった後、底をついた感じで反騰し、UXINは9.67米ドルという驚愕の終値をつけ、新規上場当日としてはなんとか7.44%の上昇で面目を保つことができた。

前場早々の暴落は、アメリカ株全体の勢いの影響を受ける可能性がある。27日のS&P500指数は0.86%下落し、ダウ平均株価は0.68%の下落、ナスダック指数は1.54%下落した。中国概念株は全面安となった。

ひょっとしたら事前に株価の動向に不利な予測があったのかもしれない、UXINは上場数時間前に株式募集書を、発行金額幅を10.5-12.5米ドルから9米ドルに下げ、総株式数を3,800万株から2,500万株に下げると更新した。募集金額もそれに従い3.99-4.75億米ドルから2.25億米ドルに下げ、それに加えて転換社債、UXINの今回の新規上場での合計募集金額も4億米ドルと下方修正した。

株価下落の後、UXINは7%の株価上昇を死守したが、今の市場価格からみてもUXINはやはり「痛手の上場」と言える。株式募集所のデータに基づくと、UXINの新規上場前の最後の融資は2.5億米ドルで、融資評価額は32億米ドルであった。それ以前、UXINの2017年1月のGターム融資は5.1億米ドルで、融資評価額は36億米ドルであった。しかしながら新規上場当日、UXINの市場価格は29.67米ドルとなった。もしこの基調がロックアップ機関が終了するまで続くとしたら、多くの投資機構は株式の塩漬けの状況に直面するであろう。

かつてUXINの財務予測をした中古車業投資家は36Krに対し、UXINの今回のアメリカ市場上場は実はやむを得なかったのだと表した。彼曰く、新規上場前のUXINは発行市場において困難に直面しており、その原因は2017年の数字が予想を下回り、帳簿上の数字がその当時の高い見込み額を保つことができなかった。

株式募集書の最大のスポットライトである総取引額ですら、一部の投資家や業界内部からの疑いを受けた。UXIN曰く、2017年のネット販売での総取引額は69億米ドル、2016年同時期と比較しても67.0%の上昇で、2018年1-3月期の総取引額は19億米ドル、2017年同時期と比較しても47.8%の上昇とのことである。

この中で、ある投資家は、中古車のネット販売の総取引額に貢献しているのはいくらかの実体店である。実際は伝統的中古車特約店が形態を変えただけであり、取引は完全に実体店からである、実体店がただ中古車ネット販売の銀行売上ルートを使用しているということで、うまくネット販売の総取引額となっている。これが中国中古車ネット販売の総取引額数値を嵩まししていたのであり、UXINはその影響を受けていた一社に過ぎない、と述べている。

2.6億米ドルの赤字もUXINの融資の不利な要素の一つである。2017年初め、UXINは5.1億米ドルの融資を完成し、創業者の戴琨は2017年の黒字化を予定していると表明した。UXINは2017年は利益を獲得できず、さらに赤字も2016年の1.6億米ドルから2.6億米ドルに拡大し、2017年の営業収入は合計3億米ドルであった。

赤字を招いた要素は多々あるが、その中で最も明らかなのは膨大な営業経費であろう。2017年、UXINはイメージキャラクターを王宝強から、オスカー受賞俳優のディカプリオに替え、トランスフォーマーの映画の広告にも参入した。7月初め、UXIN創業者戴琨は36Krの取材に対し、この1年の広告予算は11-12億元と言っていた。全体的に見ても、UXINの2017年の販売及びマーケット経費は22億元に達し、その年の営業利益の19.5億元(約3億米ドル)を超えたのである。

中古車取引は頻度はそれほど多くなく、顧客獲得も難しい。UXINや瓜子等の中古車ネット販売は、基本ブランド広告でオンライン上から顧客獲得を行う。瓜子や人人车等のC2Cモデルの企業は、広告を出すことで同時にユーザーが両ターミナルのためのサイト訪問をもたらすことが可能であるが、UXINはB2B及びB2Cモデルであり、Bターミナルの顧客獲得チャネルとCターミナルのそれとはいささか分かれている、このことがいくばくかブランド広告のサイト訪問回数を減らすことになり、莫大なマーケット経費をそれと同量の利益に変換することができていない。

この問題は、この2、3年のUXINのファイナンス業務の進展に従って、更に際立って見えるようになった。中国の中古車ファイナンス市場の浸透率は、今のところ大部分を実体店のディーラーに頼っている。現在の競争環境において、リベート頼りでのディーラー獲得もまた膨大な支出の1つとなっている。なぜなのか、UXINの総収入の70%の2C業務のうち、ファイナンス収入が80%占めるが、UXINにビジネスモデルのCLMを実現させることができていない、ファイナンス業務自身の構造がまだ不健康である。

「UXINはこれからまもなく、相当大きな未来問題に直面していく、つまり全面的に損失を減らし、最後には黒字化できるかどうかである。これがUXINが直面する唯一の道である、なぜならUXINにはこれ以上言い訳ができるものが何もないからである。」とある中古車企業のCEOが36Krに対して述べている。

しかしながら、UXINの赤字幅の増加は確実に利益を圧迫し、ファイナンスの収益がありがた迷惑になっている可能性もある。2016年と比べても61.5%のマイナスとなり、UXINの2017年の実際の営業収益の増え幅(136.7%)と総収益増え幅(313.4%)よりも低い。

長期的に見れば、UXINの成長性には関心があり、今の数字が出した結論よりは更に楽観的である。自動車流通協会によると、2017年の国内の中古車取引量は1,200.09万台で、2016年同時期より19.4%増加しており、2018年の取引規模は1,500万台近くまでになると予測している。もし将来2,000万台の取引になることを考えると、車1台の価格が7万元でネット販売浸透率の20%の概算を保てば、3,000億元の市場になる。この状況だと、完全に数百億の市場価格の企業になり得るので、今のところUXINは依然としてレースの中で先行きが明るい選手の1人ということになる。

2017年、UXINの営業収入は19.514億元で、2016年よりも136.7%の増加を実現させた。今年の第一四半期の営業収入は前年同期比で93.2%の増加となった。もしUXINがこの伸びを維持でき、同時に赤字を抑えることができれば、今後5年後の中国の中古車市場における高成長期に従えば、40%のシェアを占めるUXINは、依然として市場に良好なイメージを残すことができる。

目下、多くの中古車ネット販売業者関係者は36Krに、今は武器を置き、UXINがアメリカ株式市場で投資家の支持を獲得することを期待していると表明している。2017年11月、中古車金融+取引会社の易鑫は7.7香港ドルの価格で香港株式市場に上場し、株価は下落したままである。昨日までの終値ですでに3.1香港ドルまで下落し、市場価格も194億香港ドルとなり、当初の半分以上下落した。UXINが仮にアメリカ市場で冷遇されれば、同業他社の評価額も連帯的打撃をうける可能性が大いにある。

ある中古車業投資家は、「みんなは今成り行きを見ており、仮にUXINがアメリカ市場で暴騰すれば、瓜子、人人车、大搜车们は稼ぎ続けることができ、この市場を作っていくことができる。UXIN株価が暴落すれば、それに続いて、いくらかの企業は発行市場での融資も困難になりえるかもしれない。」と直言している。

過去3-4年で中古車業の資本は激減した、加えて先頭陣営は戦いに向けての整列を完成させた。現在の客観的状況はみながそれぞれ銃を持ち、絶え間なく過剰に投資を行い、結果中古車ネット業界大戦を引き起こした、そしてそのハーフタイムまではまだはるか先のようでもある。ゆえにUXIN及び同業他社は持久戦の準備を行わなければならない。がその前に、彼らは更に資本金の安定を行い、戦いのための食糧を貯えなければならない。

全ての人は、巨大な価値があるが、水が深く、壁が高い業界で創業することはとても苦難に満ちていると考える。

ナスダック市場の鐘を鳴らす前に、戴琨は「全ての創業の過程において、キーポイントの一里塚に到達できれば、一息つくことができると認識している。しかし毎回経験することはやはり、ネジをさらに締めて気持ちを引き締めていかなければならないということである。なぜならば期待が更に大きくなればなるほど、課せられた任務も更に重くなり、目標までも更に遠くなってしまうからだ」と全世界に対してこう言った。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手