小鵬汽車は6〜7億ドルの融資に対してコメントせず、しかしアナウンスされるのは時間の問題

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

スタートアップ注目記事

小鵬汽車は6〜7億米ドルの融資に対してコメントせず、しかしアナウンスされるのは時間の問題

小鹏汽车对6-7亿美元融资不予置评,但宣布是早晚的事情

法拉第未来刚获得20亿美元救命粮草、特斯拉在加班加点完成预定目标,而国内造车新秀中的小鹏汽车或许有新的资金入账。国外媒体The Information今日独家报道称,小鹏汽车正在与阿里巴巴及其他投资者洽谈6-7亿美元的新一轮融资,估值则接近40亿美元。36氪就此求证小鹏汽车,对方回复称:“不予置评。”虽然小鹏方面没有直接回复,但公司今年将要融资已经是事实。在今年4月初的博鳌亚洲论坛上,小鹏汽车创始人何小鹏表示,公司今年将融资100多亿元人民币。当时,何小鹏还透露,公司将宣布下一轮融资消息。何小鹏当时接受腾讯采访时表示,未来的融资金额将主要用于三个地方:一是在整个的团队建设和研发投入,小鹏汽车目前拥有超过700名员工,并计划在2019年达到3000名员工的规模。第二是用于生产基地的建设,以及跟供应商的合作。第三是用于品牌、市场、销售和售后体系。按小鹏汽车当时的解释,这100亿包括以前的融资以及接下来的融资。过去以来,小鹏汽车已经累计融资近60亿元人民币,这也意味着其接下来的融资金额在40亿元以上,恰与今天的报道融资额相符。

而且就在一个月前,小鹏汽车总裁顾宏地接受彭博采访时透露,除第三轮融资外,今年有望实现逾10亿美元的新一轮融资。

此上种种迹象都表明,小鹏宣布下一轮融资,只是时间问题了。

最前线 | 小鹏汽车对6-7亿美元融资不予置评,但宣布是早晚的事情

在上一轮融资中,小鹏汽车获得鸿海精密3亿元战略投资。过往的投资人名单中,包括阿里巴巴、富士康、IDG资本、GGV纪源资本、经纬中国等。

2014年小鹏汽车在广州正式成立,今年1月在美国CES上发布量产车G3,4月26日G3正式开放预订。顾宏地在上述采访中还讲道,在补贴政策下,电动汽车价格在20-28万元人民币之间。预计不迟于年底交付汽车。

造车是一个非常烧钱的事,已经是行业共识,100亿、200亿都是造车入门级的资金需求。在今年上半年,车和家、小鹏汽车、蔚来汽车、爱驰汽车等造车新秀就掀起一股百亿融资潮。而在蔚来汽车、威马汽车和小鹏汽车背后,分别有来自腾讯、百度和阿里的资金支持。

而想要把量产车正式推向市场,这期间还需要有源源不断的资金打地基,国外的特斯拉就是例子。另外,汽车销量也是考核这些造车新秀的一个门槛,威马汽车创始人、董事长沈晖就曾表示,在2-3年的窗口期,年销量10万台才能活下来。

虽然造车烧钱,但整个行业正处于聚变期,拿到船票意味着车联网的巨大市场空间,以及拥有塑造人们第三空间的机会。

对于汽车产业的未来发展,何小鹏认为,中国从过去三年开始进入汽车的红利,中国汽车销量比2000年到2011年这11年的总和还要多。他认为,AI和汽车制造将是巨大的新赛道。在未来十年里,中国汽车制造市场将从目前的数十万亿元人民币发展成为数十万亿美元的市场。

他还相信,未来十年里,中国会有3-4家来自于中国国有、来自中国民营的汽车厂商,在全球领域排到前6名,机会很大。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

AI翻訳で続きを読む

Google翻訳などのAIを使い、編集者が補正した文章です。

ファラディーフューチャーは20億ドルの融資により助かり、テスラは残業を多めで予定目標を達成し、国内自動車製造では新参の小鵬汽車が新しい資金を手にした可能性がある。

海外メディアであるThe information は本日ドイツのニュースにおいて、小鵬汽車がアリババやその他の投資家から6〜7億ドルという新しい融資の話を持ちかけられている事を報道した。評価としては40億ドル近くになる。36Krはこの事柄について小鵬汽車に事実を確認したが小鵬汽車はコメントを控えた。

小鵬側の直接の回答はなかったが、会社側は今年融資を募っていた事実がすでにある。

今年4月初めボアオアジアフォーラムにおいて、小鵬汽車の創始者、何小鵬氏が100億人民元以上の資金調達を示していた。当時、何小鵬氏は会社側がこの融資情報をアナウンスすることを漏らしている。

何小鵬氏は当時テンセントのインタビューの時に、将来の融資額は主に3つの用途で用いると言っている1つ目は全てのグループ建設と研究開発に投資すること。小鵬汽車は目下700名を超える社員を抱え、同時に2019年には3000名規模の社員数になるように計画していること。2つ目は生産基地の建設に用いる事、及びサプライヤーとの提携。3つ目はブランド、市場、販売及び販売体系に用いる事である。

小鵬汽車の当時の解釈によると、この100億は以前の融資や継続した融資も含まれるという事である。過去、小鵬汽車は既に類経60億人民元の融資を受けており、これも続けて融資された金額は40億元以上となっている。ちょうど今日のニュースの融資金額と同等の金額である。

また、一月前に小鹏汽车の代表顾宏地氏は彭博氏のインタビューを受けた時、第3ラウンドの融資以外、今年は10億ドルの新しいラウンド融資を望んでいると明らかにした。

これには種々の形跡によっても説明できる。小鵬が融資を更に募っているのが時間の問題である事をしめしている。

今までの融資の中で、小鵬汽車は鸿海精密から3億元の戦略的投資を受けている。過去の投資人名リストにはアリババ、フォックスコン、IDG資本、GGV紀源資本、経緯中国等が含まれている。

2014年小鵬汽車は広州で正式に成立し、今年1月にアメリカCESにおいて量産車G3が発表され、4月26日にはG3が正式に予約開始された。顾宏地氏はインタビューでの報道において、補助金政策の下で電動自動車の価格は20〜28万人民元の間となると言っている。予約すれば遅くとも年末には買うことができる。

自動車製造は湯水のように金が流れて行く。これは既に業界のコンセンサスであり、100億、200億という金が全て自動車製造入門レベルで要求される資金である。今年の上半年では、車和家、小鵬汽車、蔚来汽車、愛馳汽車等の新規自動車製造会社は100億の融資ブームを引き起こしている。蔚来汽車、威馬汽車や小鵬汽車の背後には、テンセント、Baidu、アリババなどの資金協力があるからである。

量産車を正式に進める市場を作りたいと考えると、今期の間は更に絶え間ない資金的な基礎が必要となり、国外のテスラがその例となっていると言える。この他、自動車販売量もこれら新しい自動車生産の克服すべき問題となっていると考える事ができる。威馬汽車の創始者で董事長である沈暉氏はかつて2〜3年の販売期間をおけば、年間販売量は10万台でやっと生き残れると言っている。

自動車製造は湯水のように金を使うが、全体的な事業としては揺籃期であり、カーネットワーキングの巨大な市場空間へのチケットを手にし、第3の空間を持つチャンスである。

自動車産業の未来の発展に対して、何小鵬氏は次のように考えている。中国は過去3年前から輸入車による利益があり、中国自動車の販売量は2000年から2011年という11年間の総計は更に大きな利益がある。彼はAIと自動車製造は巨大な新しいトンネルであると考え、未来の10年で中国自動車製造市場は目下数十億人民元から数十億米ドル市場になると考えている。

また、将来の10年で中国は3,4の中国国有、中国民営の自動車メーカーが、世界のランキングで6位以内に入るチャンスは大いにあると信じている。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録