アント・グループ、インド最大のモバイル決済「Paytm」の30%の株式売却を否定

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新興国短信

アント・グループ、インド最大のモバイル決済「Paytm」の30%の株式売却を否定

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

ロイター通信は12月2日、中国IT巨頭アリババ・グループ(阿里巴巴集団)系金融サービス会社のアント・グループがインド最大のモバイル決済プラットフォーム「Paytm」株の売却を検討していると報じた。 アント・グループはPaytm株の30%を保有している。この報道に対し、アントは事実とは異なると否定した。

2010年に設立されたPaytmは、2015年にアリババとアント・グループ(当時の名称はアント・フィナンシャル)から計6億ドル(約623億円)以上の出資を受けた。これにより、アリババはその親会社「One97 Communications」の筆頭株主となる。また、2017年5月、ソフトバンクがPaytmへ14億ドル(約1450億円)を出資したことにより、Paytmの企業価値が48億ドル(約4984億円)から80億ドル(約8308億円)に上昇したと報じられた。これはインド経済圏において最大の出資の一つとなった。さらにPaytmは2018年にも、アリババとアント・グループから新たに5億ドル(約519億円)を調達していた。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録