日経36Krセミナー中国巨大テックBATHの実力~「アリババとファーウェイのDX革命」

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業特集注目記事

日経36Krセミナー中国巨大テックBATHの実力~「アリババとファーウェイのDX革命」

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

本セミナーの模様の一部は、YouTubeの公式チャンネルにて動画をご覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UCGIV8dg5ZBOioFdMk3OS3Jw/videos

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

バイドゥ(Baidu)、アリババ(Alibaba)、テンセント(Tencent)、ファーウェイ(Huawei)という中国を代表する巨大テクノロジー会社をまとめて「BATH」と呼びます。「GAFAM」などに匹敵する企業群で、米国が技術覇権を巡るライバルと警戒する企業群でもあります。

しかし、世界的に注目を集める一方で、BATHの本当の姿は意外と知られていません。BATHシリーズ第二弾として、「アリババとファーウェイのDX革命」をテーマにオンライン/オフラインセミナーを開催します。

❏ 開催時間:
2020/12/22(火) 13:30 ~ 15:30

❏ 登録:
以下URLからお申込みください。無料。
https://eventregist.com/e/bath_2nd

※本セミナーはオンライン/オフラインの同時開催です。 YouTubeの「日経×36Krセミナー」公式チャネルでライブ配信、接続方法は当日までにメールでご案内します。
前回セミナーの模様の一部は、YouTubeの公式チャンネルでご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCGIV8dg5ZBOioFdMk3OS3Jw/videos

<プログラム概要>
13:30~13:35 オープニング
山田周平・日本経済新聞社編集局アジアテック担当部長

13:35~13:50 概説・中国DXの現場から(仮)
王瑩影・36Krジャパン・パートナー
張育瑋・36Kr Global研究院 ディレクター

13:50~14:35 講演① ファーウェイが支える製造業と鉱業 中国の堅実なAI事例
華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)Cloud & AI 事業本部   CTO 秋元 一泰氏

14:35~15:20 講演②  アリババグループが推進するDX
アリババジャパン 社長室 新規事業開発担当部長 小滝 浩哉氏

15:20~15:30 モデレーターによる総括

<講師紹介>
華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)Cloud & AI 事業本部 CTO
秋元 一泰(あきもと かずひろ)氏

日立製作所入社。最初の 10 年はメインフレーム/スパコン用チップ開発、次の 10 年は UNIX サーバ/x86 ブレードサーバ開発に従事。3 年半の米国でのサーバビジネス開拓を経験、帰国後はパートナーとの共創を通じて Flash/FPGA/Network など他社最新技術を活用したソリューション開発をリード。現在は華為技術日本にて AI 活用事例探索及び AI ビジネス開拓をパートナーと共に推進。

アリババジャパン 社長室 新規事業開発担当部長
小滝 浩哉(こたき ひろや)氏
2008年、アリババジャパンに設立メンバーとして参加。10余年にわたりプロダクトマーケティングや事業推進を担当。現在は社長室新規事業担当部長として、日本企業に対するアリババグループのソリューション導入を総合的に支援。

 

張育瑋(Vivian Chang)36Kr Global研究院 ディレクター

英インペリアル・カレッジ・ロンドンを卒業し、マーケティング専門の修士号を取得。アジアのベンチャーキャピタル市場の動向や最先端技術、イノベーションモデルの応用に関する市場調査において豊富な経験を有している。国境を越えたイノベーション交流に尽力し、中国、日本、東南アジアのフォーチュン500社に36Kr社独自のソリューションを提供することで経済のデジタル化における企業の変革を支援してきた。

王瑩影(ワン インイン)36Krジャパン・パートナー

2010年に北京外国語大学日本語学科を卒業し、中国TOP大学に特化した日本企業向けの新卒採用支援プログラム「AHRP」に参加した。2015年に来日し、広告会社や不動産投資会社を経て19年に36Kr Japanの創業メンバーとして入社した。現在は中国テック企業の最新動向を紹介するメディア業務全般を担当。

<モデレーター>

山田周平(やまだ しゅうへい)
日本経済新聞社編集局企業報道部アジアテック担当部長

中華圏をめぐる産業・技術動向や地政学を得意分野とする。1991年入社、台北支局長、産業部キャップ、アジア部デスク、中国総局長などを経て現職。早稲田大学政治経済学部卒、北京大学外資企業EMBA修了。共著書に「技術覇権 米中激突の深層」(日本経済新聞出版社)、「現代中国を知るための52章」(明石書店)などがある。ツイッター「 日経ASIA-TECH(https://twitter.com/Nikkei_ASIATEC )」でアジアのテクノロジー、スタートアップに関する情報を発信中

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録