インド、中国アプリ禁止措置後も中国産スマホの人気拡大止まらず

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新興国短信

インド、中国アプリ禁止措置後も中国産スマホの人気拡大止まらず

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

インド政府が中国のモバイルアプリの使用を禁じて以降も、中国製のスマートフォンは依然としてインドの消費者から支持されている。昨年12月29日、印オンラインメディア「The Print」が報じた。

2020年10月、インド市場でオンライン販売されたスマホの上位5ブランドのうち4つを、シャオミ、Vivo、Realme、OPPOと中国ブランドが占めた。これら4ブランドのスマホの合計販売台数は前年同月比36.9%増の630万1000台となっており、2019年10月に比べ170万台増加。中でも1位を維持するシャオミは、トップ5ブランドの合計販売台数の3割近くを占めている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録