36Kr日本版開設に寄せて – 家田昇悟氏

36Kr Japan

中国最大のベンチャー・ITメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

オリジナル記事

36Kr日本版開設に寄せて – 家田昇悟氏

続きを読む
コメントを見る

株式会社メルペイ Product Management Office 兼 中国インターネット研究所所長

私は2015年から中国の36Krをウォッチしており、「日本で一番の36Krファン」を自認しています。最初は中国のスタートアップの情報が集約されているので見始めました。段々、小売やモバイルペイに物凄く詳しい寄稿者らが多く集まり、面白くなってきたように思います。私は専門性がある方のWeChatをフォローするというような使い方もしてきました。「36Krに行くと、面白い人がいる」というイメージですね。

日本版が開設されると聞いて、最初に感じたのは「長年、愛用していたメディアなので、日本版が出来て嬉しい」ということがまず一つ。

そして、「中国で流れているニュースが、日本にストレートに伝わってくるということに意味がある」ということがもう一つです。中国をウォッチしている人が日本に情報を流すという状態だったので、事実が正しく伝わらなかったり、想像で書いていたりということもありました。スタートアップに関するストレートニュースが今まで日本に流れていなかったので、日本版が伝えてくれる意味は大きいと思います。

これまで、中国をウォッチする大学生がブログを始めても、2,3年位で終わってしまったりしていて、勿体ないと感じていました。36Kr日本版にはいつまでも、中国の情報を発信し続けてもらいたいです。そして、日本の人々が、正しく良質な中国の情報に辿り着けるための存在でいて欲しいと願っています。

中国の情報があまりなかったことで、話が進まないことも多かったように思います。情報に触れて、中国を「もっと知ろう」「具体的なアクションを起こそう」と思える。その触媒に、36Kr日本版がなってくれると期待しています。

家田昇悟 Author
株式会社メルペイ Product Management Office 兼 中国インターネット研究所所長 大学在学中から中国のインターネットの動向を追い続け、2,600人が参加するFBグループやTwitterで最新情報を発信。 大学卒業後、株式会社メルカリに入社。ID連携やUX改善のプロジェクトにPMとして従事後、新規事業立案のために中国で調査活動を行う。 株式会社メルペイでは、Product Management Officeにて顧客調査や競合分析を担当。
×
家田昇悟 Author
株式会社メルペイ Product Management Office 兼 中国インターネット研究所所長 大学在学中から中国のインターネットの動向を追い続け、2,600人が参加するFBグループやTwitterで最新情報を発信。 大学卒業後、株式会社メルカリに入社。ID連携やUX改善のプロジェクトにPMとして従事後、新規事業立案のために中国で調査活動を行う。 株式会社メルペイでは、Product Management Officeにて顧客調査や競合分析を担当。
Latest Posts

メールアドレスを登録して中国最新情報入手