アリババクラウド、エコシステムの世界的拡大にインテル、アクセンチュアなどが参画

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

ビジネス注目記事

アリババクラウド、エコシステムの世界的拡大にインテル、アクセンチュアなどが参画

最前线丨阿里云找了一批国际新伙伴,想要扩建生态体系

在全球市场,阿里云的生态体系正迅速扩建。今日,阿里云在巴黎发布欧洲、中东、非洲“生态系统伙伴计划”(EMEA Ecosystem Partner Program),英特尔、埃森哲、微软等行业龙头企业成为此次计划的首批参与者。同一日,阿里巴巴集团宣布和和法国Bolloré集团达成“全球合作伙伴关系”。合作后,阿里云将为Bolloré集团提供云计算、人工智能以及安全领域的解决方案。
公开资料显示,2016年至2018年间,阿里云在全球的合作伙伴已累计超过8000家,伙伴服务客户超过10万家,伙伴业务年增长率超过200%。合作领域涉及通讯、旅游、物流、交通、金融、农业等。云业务被视为阿里巴巴集团的未来。不仅是生态体系的扩建,阿里巴巴在全球市场的基础设施也在迅速扩张。2018年1月,阿里云印度大区开服;两个月后,印度尼西亚大区开服。目前,阿里云在全球18个地域开放了45个可用区域,为全球市场提供云计算支持。此外,阿里云还通过构建数据中心、收购当地公司、配备人员、推出300多款产品进行扩张,以满足业务量的激增。云业务不断扩张已经成为了阿里巴巴财报上的亮点。据阿里巴巴2018财年财报显示,阿里云营收达到133.9亿元人民币,大幅超出此前华尔街分析师预期。阿里云在过去12个季度均保持着营收规模翻番。摩根士丹利分析师认为,到2024年,阿里云营收规模将达285.83亿美元。不过,阿里云的全球化扩张也并非一帆风顺。咨询机构Gartner表示,由于阿里云坚持在海外市场扩张时引入自己人,并培养他们在行业专长和市场营销方面的能力,使得阿里云在当地市场中缺乏和客户的沟通和交流。该机构判断,这将成为阿里云全球化扩张的最大障碍。目前,在阿里巴巴的全球化布局中,阿里云正发挥重要作用。

有分析师认为,在云计算的支撑下,阿里在全球的零售商业平台和数字娱乐业务之间的数据才得以整合。这使得海内外品牌能够追踪、参与和管理在阿里生态系统中客户的整个生命周期。而物流、云平台的组合技术和基础建设,将促进海内外商家和阿里自身在全球范围内进行数字化转型。

同时,通过全球化,阿里云输出技术和产品,在国际市场带动超过十万家中国企业规模化出海。这使得阿里巴巴全球化之路上多了不少盟友。

美国市场研究机构Synergy Research Group发布的《2018年一季度全球主要地区公有云厂商排名》报告显示,通过阿里云的全球扩张,阿里巴巴已取代IBM成为全球第四大云厂商,进一步缩小与亚马逊、微软的差距。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

AI翻訳で続きを読む

Google翻訳などのAIを使い、編集者が補正した文章です。

世界市場では、阿里云(アリババクラウド)によるエコシステムが急速に拡大している。

阿里云によるエコシステム、世界規模へ発進

2018年7月2日、中国国内最大のパブリッククラウドサービスで阿里巴巴集団(アリババグループ)傘下の阿里云は、欧州・中東・アフリカを包括する「エコシステム・パートナー・プログラム(EMEA Ecosystem Partner Program)」について発表した。インテル、アクセンチュア、マイクロソフトなどの各業界のトップ企業が最初の参加者になることを明かしている。

同日、阿里巴巴集団は仏・ボロレグループとグローバルパートナーシップを締結したと発表。阿里云は、クラウドコンピューティング、人工知能およびセキュリティ分野におけるソリューションをボロレGに提供する。

2016年から2018年までの公開情報によると、阿里巴巴集団は世界中で8,000以上のパートナーを持ち、パートナーサービスの取引先が10万を超え、パートナー業務の年間成長率は200%以上を誇る。協力分野は多岐にわたり、通信・観光・物流・交通・金融・農業などが含まれている。

阿里云は、グループの世界進出の中核

クラウドビジネスは、「阿里巴巴(アリババ)の将来」とみなされている。

エコシステムのみならず、阿里巴巴は世界市場におけるインフラも急速に拡大させている。 2018年1月、阿里云はインドで、その2カ月後にはインドネシアでデータセンターを開設。現在、グローバル市場でクラウドコンピューティングのサポートを提供するため、世界の18地域に利用可能エリアを45ヶ所開設している。さらに、ビジネスボリュームの急増に対応するためにデータセンターを構築し、現地企業を買収。人員を確保し、300以上の製品を立ち上げることで拡大を進める方針だ。

クラウドビジネスの継続的な拡大は、阿里巴巴の収益報告書でも注目される領域になっている。 同グループの2018年会計年度の財務報告によると、阿里云の収益は133億9,000万元(2,180億円)に達し、ウォール街のアナリストたちの予想を大幅に上回った。 また、アリババクラウドは過去12四半期、平均して収益2倍増を実現している。モルガンスタンレーのアナリストは、2024年までに阿里云の収益は285億8300万米ドル(3兆円)に達すると考えている。

阿里云、最大の弱点

しかし、阿里云のグローバライゼーションの拡大はすべて順調というわけではない。ICTアドバイザリー企業・ガートナーは「阿里云は海外市場拡大の際、自社スタッフの導入に固執し、業界の専門知識やマーケティングに関する知識・能力の育成についても自社人員のみを対象とするため、現地市場で顧客とのコミュニケーション不足に陥っている」と述べた。同社は、これが阿里云のグローバル化にとって最大の障害となると判断している。

中国企業10万社の海外進出を後押し

現在阿里云は、阿里巴巴集団のグローバル展開において重要な役割を果たしている。

一部のアナリストは、阿里巴巴が世界で展開する小売プラットフォームとデジタルエンターテインメント事業の間でデータが統合されるのは、クラウドコンピューティングの支えがあってのことだと考えている。これにより、国内外の企業が阿里巴巴エコシステム内の顧客のライフサイクル全体を追跡・参加・管理することが可能になる。ロジスティクスとクラウドプラットフォームのコンビネーション技術とインフラストラクチャー(産業・生活基盤の社会資本)は、国内外の事業者や阿里巴巴自身のデジタル変革をグローバル規模で進めていくだろう。

同時に、阿里云が技術と製品を世界に輸出することによって、10万社以上の中国企業の海外進出に協力することになる。阿里巴巴自身にとっても、グローバリゼーションへの道のりにおいて、より多くの同胞を得ることになるだろう。

阿里云、世界四大クラウドベンダーに

米国の市場調査会社・シナジーリサーチグループが発表した報告書「2018年第1四半期、世界主要地区のパブリッククラウドベンダーランキング」によると、阿里云はIBMに代わり、現在世界第4位のクラウドベンダーとなった。現在首位、2位のAWS(アマゾン・ウェブ・サービス)とAzure(マイクロソフト・アジュール)を猛追している。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録