フロントガラス用ディスプレイの「沢景電子」:シリーズCで約25億円を調達 量産化を実現

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

フロントガラス用ディスプレイの「沢景電子」:シリーズCで約25億円を調達 量産化を実現

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

HUD(ヘッドアップディスプレイ)ソリューションを提供する「沢景電子(Jiangsu New Vision Automotive Electronics)」が、シリーズCで1億5000万元(約25億円)を調達した。リード・インベスターは「凱聯資本(Capitallink)」。同社はこれまで、「上海汽車集団(SAIC Motor)」、「北京汽車集団(BAIC Group)」の出資を受けていた。

2015年に設立された沢景電子は、HUDをコア製品としたコックピットビジュアルソリューションを提供する会社だ。W-HUD及びAR-HUDをコアとするHUD製品マトリックスを構築し、360°ヘッドアップ表示の自動車ビジュアルソリューションを提供、運転の安全性及び体験の向上を実現する。

創業者張波氏によると、同社のW-HUD製品は複数の完成車メーカーにて量産、実装され、AR-HUD製品はある自動車メーカーにより採用されたという。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録