滴滴(DiDi)の自動運転子会社が資金調達、評価額は約6630億円

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

滴滴(DiDi)の自動運転子会社が資金調達、評価額は約6630億円

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国ライドシェア大手「滴滴出行(Didi Chuxing)」から分社化した自動運転事業部門が資金調達を行った。

関係者の話によると、滴滴の自動運転事業部門が、最大5億ドル(約553億円)の調達を計画しているという。尚、現時点での同社評価額は約60億ドル(約6630億円)とみられる。この情報はまだ非公開であるため、この関係者は匿名を要求した。また関係者は、新たに調達した資金は自動運転車の量産化や、AIチップなどの技術開発に充てられると述べ、審議はまだ初期段階にあるため、この資金調達計画は変更される可能性があることも明らかにした。

滴滴からはコメントを得られていない。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録