インド、中国製Wi-Fiモジュールの輸入承認手続を一時停止 一部関連製品の発売が延期に

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新興国短信

インド、中国製Wi-Fiモジュールの輸入承認手続を一時停止 一部関連製品の発売が延期に

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

インド通信省電気通信局(DoT)の通信省無線計画調整局(WPC)が、中国製Wi-Fiモジュールの輸入承認手続を数ヶ月間一時停止していると報じられた。Bluetoothスピーカー、ワイヤレスイヤホン、スマートフォン、スマートウォッチ、ノートパソコンを含む、中国製Wi-Fiモジュールが搭載されたあらゆる電子製品の輸入申請について、インド当局は繰り返し承認を先延ばしにしているとのこと。

このような状況を受け、デル(Dell)、ヒューレット・パッカード(HP)、シャオミ(小米科技)、OPPO、vivo、レノボ(聯想)などの大手メーカーは、インドでの製品発売を延期する事態となっている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録