情緒不安定な上司、裁量のない職場…会社を辞めた方がいい8つのサイン

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

ビジネス

情緒不安定な上司、裁量のない職場…会社を辞めた方がいい8つのサイン

有这8种迹象,你就该考虑辞职了


Netflix的联合创始人兼首席执行官Reed Hastings曾这样说过:“绝不要容忍那些才华横溢的混蛋,因为他们的破坏力太大。”虽然大多数人可能认为他是从管理的角度来思考这个问题的,其实他的这句话站在公司任何角度看都是有一定道理。

最近,我的一个朋友苏珊刚从她在一年半前加入的创业公司离职了。在她刚开始加入这家公司的时候,她便将全部精力都投入到公司里。刚开始的时候,苏珊曾是公司管理层管理方式和风格的忠实信徒。但如今,她的信念已被打破了。她非常失望,最后以离职告终。

我和苏姗进行了一次深入交流,以试图了解究竟是什么原因让她从一位激情满怀的公司新人走到今天失望离职这一步的?下面是我对我们交流内容的简单总结。

如果在你现在工作的公司里,公司管理者有下面这些行为,那么这可能是一个迹象,表明你可能需要开始寻找新的工作机会了。

(1)管理者情绪和行为反复无常

在任何一段关系中,情绪反复无常、波动巨大都不是健康的,在工作中尤其如此。如果你公司的管理者们经常无缘由地从和你开玩笑快速转变为对你大喊大叫,说明你可能需要寻找下家了。

(2)几乎没有内部的信息共享

在一个公司里,并不是所有的信息都应该或者可以与大家交流共享的。但是,当内部几乎没有信息共享的时候,将会非常可怕。信息共享能让大家了解各项工作的前因后果、背景信息。如果没有真实的信息共享,当到了需要决定做什么或说什么才是正确的时候,公司里的每个人都会陷入瘫痪状态。

(3)没有定期的绩效反馈

大家都各忙各的,有时会议会被跳过甚至彻底取消。但是,如果你在日复一日工作的过程中和老板没有任何交流,老板也不给你任何工作绩效反馈,那么这将是一个非常危险的信号。如果没有定期的交流和反馈,你几乎不可能知道你正在做的事情是否是优先级最高的事情,更不要说你的方法是否正确了。

(4)没有清晰明确的职位定义和描述

被雇来做一份没有清晰明确的职位描述的工作,听起来像是一个梦,对吧?在这种情况下,你怎么知道你具体应该做什么呢?你怎么知道你是否出色地完成了你的本职工作呢?有些情况下,没有明确的职位定义和描述也是可以的,比如在发展初期的创业公司里,每个人都身兼数职。但在那种情况下,你需要有老板的信任,可以自己确定到底需要做什么工作。但是,很多人在一些比较成熟的公司或发展中后期创业公司中依然没有明确的职位定义,这就不是什么好兆头了。

(5)没有信任的责任

没有清晰明确的职位定义意味着你需要自己弄清楚你应该做什么工作。要想成功,唯一的办法就是有自由去决定该做什么工作。这时,如果对于你做的每一件事,都需要征得他人的同意和批准,你将永远无法为公司增添价值,这时公司又会回过头来反咬你一口。

(6)没有对企业文化的思考

当你加入一家公司的时候,你应该经常问有关公司文化的问题。如果你听到的答案是:“我们就像一个大家庭”,这时你就需要警惕起来了,因为这表明管理者对公司文化缺乏了解,因为这根本就不是什么企业文化。如果你听到的答案是:“我们是一个团队”、“我们有一个高效的企业文化”或者“这些是我们的价值观”,这至少说明你的公司至少考虑过有关企业文化的问题了。如果你从领导那里听到的都是一些空话,那么说明你该开始准备简历了。

(7)认为“我可以改变文化”

我的这位朋友苏珊以及其他很多人都会掉进这样一个陷阱,就是认为凭借他们自己就能够改变企业文化。不幸的是,企业文化来自于管理者。如果一家公司的管理层对改善和营造企业文化不感兴趣,那么你就更不可能做到这一点了。

(8)你知道的比你老板知道的多

为你认为技能比自己差、不如自己知识丰富的人工作,是一件令人沮丧的事情。但是,实际问题可能比这个还要严重。如果你无法信任公司领导层能做出好决定并带领公司朝正确的方向前进,那么你就可能会处在一种焦虑的状态中。如果你的老板真的不知道自己在做什么,那么当公司倒闭时你就会失业了。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む
コメントを見る

映像ストリーミング配信Netflixのリード・ヘイスティングスCEOはかつて「才能あふれるバカ野郎を野放しにしてはならない、彼らの破壊力は大きすぎる」と言った。この発言は経営管理に関するものだと思われがちだが、実は企業に勤めるあらゆる人間にとって一定の説得力がある言葉だ。

ある日、筆者の知人が1年半務めた会社を退職した。社風や経営思想に共感して意気揚々と入社し、仕事にエネルギーのすべてを注いでいた様子だったが、わずか1年半にして大きな挫折を味わい、職場を去ることになった。「なぜこんなことになったのだろう?」その知人と対話するうち、筆者は退職を決意すべき状況は大まかに8種類あると結論づけた。以下に紹介する。

情緒不安定な上司

いかなる人間関係においても、激しい感情の起伏が伴うものは健全とは言えない。仕事においては特にだ。突然ジョークを言ったかと思えば次の瞬間、烈火のごとく怒りだすような上司が職場にいたら、転職を考えるべきだろう。

情報共有がされない職場

企業内の全情報が全社員に共有される必要はないにしても、あまりに情報共有の行きわたっていない職場は危険だ。各業務の相関関係や背景を知らなければ、正しいジャッジが下せない場面は多々出てくるだろう。職場は機能不全に陥ってしまう。

定期的なフィードバックの場がない職場

従業員が個々の担当業務に追われ、たびたび会議を延期したりキャンセルしたりするような職場、上司と部下の間に終日まったく交流のない職場は危険だ。業務の進捗状況や業績について定期的にフィードバックしあう場がないと、仕事の優先順位も方向性も把握できないだろう。

各自の担当がはっきりしない職場

自分に割り振られた担当業務や役割が明確でない職場に就職したらどうだろう? 優れた成果を上げる自信は持てないのではないだろうか? 創業間もないベンチャー企業なら仕方ないが、いつまでも体制の固まらない職場では先々が見通せない。

裁量なく責任だけ負わされる職場

自身の持ち場がはっきりしないなら、自身の判断ですべきことをするしかない。自分の仕事は自分でつくるのだ。しかし、何をするにしても上司や周囲の同意や許可を得なければならないなら、あなたの価値を会社に反映させられないだろうし、下手をすると、会社からお払い箱にされてしまうかもしれない。

企業文化のない職場

「我が社は一つのファミリーです」などとうたう職場は要注意だ。これは断じて企業文化などではない。「これが我々のバリューだ」「我々は優れた企業文化を有している」と説明する会社なら、少なくとも企業文化について考察を深めたことはあるだろう。マネジメント層から薄っぺらい話ばかりが飛び出す職場は早めに離れた方がよいだろう。

「わたしが変える」と思わされる職場

理想的でない職場を「わたしが変える」などと思うのは、筋違いだ。企業文化を定めるのはあくまで経営側。彼らが「変わろう」と思わなければ、それを末端の人間が行うのは不可能だ。

「わたしは社長より有能だ」と思わされる職場

「スキルも知識も自分より劣る」と思っている経営陣のために仕事をするのは辛いことだ。彼らの采配を信じることができないなら、それは従業員自身にとっても好ましい精神状態とは言えない。
(翻訳:愛玉)

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手