DJIがアメリカで標的に?実は中国企業2社の争い

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

スタートアップ注目記事

DJIがアメリカで標的に?実は中国企業2社の争い

最前线 | 大疆被美国盯上?其实是两个中国公司的竞争

中兴之后,大疆又被美国盯上。消息一出让不少人心头一紧。可是再一细看,并不是美国人搞鬼,而是被另一家中国公司(准确地说,中国公司的美国子公司)起诉了。

商务部官网显示,8月30日,美国Autel Robotics公司依据《美国1930年关税法》337条款,向美国际贸易委员会(ITC)提出申请,指控大疆创新及其关联公司对美出口、在美进口或在美销售的无人机及其组件侵犯其专利权,请求ITC发起337调查并发布有限排除令和禁止令。

最前线 | 大疆被美国盯上?其实是两个中国公司的竞争

337调查对象为进口产品侵犯美国知识产权的行为,以及进口贸易中的其他不公平竞争。被侵权方可向美国国际贸易委员会(ITC)提请调查,并要求采取相关制裁措施。该案中,Autel Robotics正是指控大疆在美国进出口或销售的产品侵犯其专利权,提出了337调查申请。

不过,Autel Robotics其实是一家中国公司的美国子公司。其母公司为“道通智能航空技术有限公司”,成立于2014年。跟大疆一样,总部也在深圳,所以这个案子其实是两个中国老乡跑到美国打官司去了。

据天眼查显示,道通智能的实控人是李红京,持股比例91.25%。李红京2004年成立了道通科技,这是是一家出售汽车电子产品、汽车诊断设备的公司。2014年分拆成立道通智能,开始涉足无人机市场,跟大疆进入了同一个市场。

同行是冤家。有摩擦也在所难免。

今年4月,Autel Robotics就把大疆告上了法庭,也是在美国。4月25日,大疆旗下三家公司(DJI Technology Inc.、SZDJI Technology Co. Ltd.和DJI Europe B.V.)在美国纽约南区联邦地区法院被诉专利侵权。

诉讼中,道通智能称大疆的“御Mavic”系列、“晓Spark”系列、“精灵Phantom”系列、“悟Inspire”系列等多款无人机产品侵犯了其2件专利。以上无人机产品目前均处于在售状态,且多为大疆的主要产品。

当然,官司都是你来我往的。大疆也曾把道通智能送上被告席。

2016年8月11日,大疆将道通智能诉至特拉华联邦地区法院,称后者侵犯了其3件美国发明专利(9,016,617号、9,284,049号、9,321,530号)和1件美国外观设计专利(D691,514),涉及多旋翼无人机的上下壳体一体化结构。2017年5月19日,大疆还曾在华盛顿西区联邦地区法院起诉道通,称后者专利侵权。该案后与上述案件合并审理。

更早之前,大疆还在中国起诉过道通智能,起诉后者侵害其外观设计专利权,不过二审败诉

对于此次纠纷,本质上是两个中国老乡打官司,知识产权纠纷在科技行业也是司空见惯。对于道通而言,由于美国对知识产权保护更加严格,而且中国企业在337调查中败诉率又很高,因此道通选择在美国提起诉讼,于企业自身而言,是一种好的选择。

但牵涉到大疆这种体量、并且作为中国创新的标志性公司,又正值贸易战,不免让人揪心。大疆的多数收入都来自于海外,如果坐实,对消费无人机霸主大疆来说,无疑是一记重挫。

而且,这样一场官司,正值中美 贸易纠纷期间。道通即便赢了官司,在国内可能遭遇非议。

吊诡的是,中兴还是道通科技的投资方。而中兴刚刚遭遇了一轮惨重的制裁。

目前,该案还处于审核阶段。ITC收到申请后进行审查,并在30日内决定是否立案,立案之后才会启动调查。后续如何,36氪将持续关注。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む
コメントを見る

ZTE(中興:ジョンシン)の次は、中国ドローンメーカーの「DJI(大疆:ダージァン)」がアメリカの標的になった。しかし、今回はアメリカ人によってではなく、中国企業(正確には、中国企業の米国子会社)に告訴された。

米国商務部は公式サイトで以下の通り公表している。

8月30日に米国1930年関税法337条に則って、Autel Robotics社が米国国際貿易委員会(ITC)に調査依頼を申請した。DJI(大疆創新)と関連会社のアメリカへの輸出において、そのドローンとパーツがAutel Robotics社のアメリカへの輸入またはアメリカでの販売占有権を侵害しているとして、ITCに対して、337調査を行い有限排除令と禁止令を発動することを請求したものである。

337調査の調査対象は、輸入製品によるアメリカの知的財産権の侵害、および輸入貿易おける不公平な競争である。権利を侵害された当事者は、ITCに対して調査依頼を申請することができ、また関連する制裁措置を要求することができる。

実は、Autel Roboticsは中国企業の米国子会社で、親会社は2014年に設立された「道通智能航空技術有限公司」(ダートン・インテリジェンス)だ。DJIと同様に本社は深圳。この裁判では故郷を同じくする2社がアメリカで争うことになる。

天眼査(テンイェンチャ)によると、道通智能の株式の91.25%は李紅京(リー・ホンジン)が保有している。李紅京は、2004年に、自動車、エレクトロニクス、自動車診断装置を販売する道通科技を設立した後、ドローン市場に参入した。

今年4月にAutel RoboticsはDJIをアメリカで告訴し、4月25日にはDJI傘下の3社(DJI Technology Inc.、SZDJI Technology Co. Ltd.、DJI Europe B.V.)もニューヨーク南部連邦地方裁判所で特許侵害訴訟で告訴された。

この訴訟の中で、道通智能は、DJIの“御Mavic”シリーズ、“晓Spark” シリーズ、“精灵Phantom” シリーズ、“悟Inspire” シリーズなど多くのドローン製品が2件の特許を侵害していると主張。いずれも現在販売されており、大半がDJIの主要製品だ。

逆に、DJI側も道通智能を被告席に立たせている。

2016年8月11日、DJIは道通智能のマルチローター無人機の上部と下部のケース一体化構造が3件の米国発明特許(9,016,617号、9,284,049号、9,321,530号)と米国外観デザイン特許1件を侵害していると主張し、2016年8月11日にデラウェア州地裁に告訴した。

2017年5月19日、DJIはワトソン西部連邦地方裁判所でさらに道通を告訴し、特許侵害を主張した。この裁判は前述の裁判との合併審理となっている。

これ以前にも、DJIは中国で道通を告訴し、デザイン特許権の侵害を主張したが、2審で敗訴する結果となっていた。

アメリカの方が知的財産権保護に対して厳格であり、また337調査では中国企業の敗訴率が高いため、道通にとって今回のアメリカでの訴訟は賢い選択だろう。

大部分の収入を海外から得ているDJIは、本件を見て見ぬふりをすれば、間違いなく大きな打撃を受けることになる。

しかも、この裁判は米中貿易紛争の最中に行われることになるので、勝訴したとしても、中国では道通が非難される可能性がある。

ZTEは道通の投資家でもあり、非常に重い制裁を受けたばかりなのだ。

現時点では、本件は審査の最中。ITCは、申請を受理した後で審査に入り、30日以内に書類送検するか否かを決める。書類送検されたら、その後調査が開始される。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録