テンセントの挑戦、Eコマース分野で王者のアリババに対抗 【動画・英字】

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業動画

テンセントの挑戦、Eコマース分野で王者のアリババに対抗 【動画・英字】

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

テンセントはスーパーSNSアプリ「WeChat(微信)」でよく知られており、世界最大のゲームパブリシャーでもある。しかしこれほどの巨大企業であっても、電子商取引(EC)分野への参入は容易ではない。

同社は2005年、アリババ系ECモール「タオバオ(淘宝)」に対抗すべく、C2C(消費者間取引)マーケットプレイス「拍拍(Paipai.com)」をローンチした。だがその後、タオバオがその地位を強固にし、テンセントからの出資も鈍化したため、拍拍は最終的に後れを取り、後にEC大手「京東(JD.com)」に売却されることとなった。

しかしながらテンセントは、京東や共同購入型格安EC「拼多多(Pinduoduo)」といったアリババのライバル企業への影響力を持った投資により、ECセクターとの関連性を維持している。テンセントはWeChatのミニプログラムを活用することにより、注目を引き中小企業の売上を促進している。

テンセントによるEC戦略の詳細については、こちらの動画をご覧下さい。

(翻訳・浅田雅美)

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録