【限定公開】交通情報映す車載ARディスプレイ展開、鋭思華創が資金調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

スタートアップ注目記事

【限定公開】交通情報映す車載ARディスプレイ展開、鋭思華創が資金調達

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

車載用AR(拡張現実)ディスプレーとソリューションを手がける「鋭思華創技術(Raythink)」がシリーズAで資金調達を行った。リード・インベスターは「梅花創投(Plum Ventures)」、既存株主の「東方富海(Oriental Fortune Capital)」も追加出資を行った。

鋭思華創は2019年に設立。同社は乗用車、鉄道車両向けにAR-HUD(拡張現実ヘッドアップディスプレー)を開発しており、BMWのプレミアムEVカー「BMW i3」が同社製品を採用している。鉄道車両向け事業では、中国国有企業の「中国鉄路通信信号(CRSC)」と戦略的協力関係を結んでいる。

HUDは現在高級車を中心に搭載されている。しかし表示されるのは走行速度やナビゲーション、エンターテインメント情報など限られたものだ。これがAR-HUDになると、道路上に進路を示す矢印を投影したり、道路状況、道路標識、運転状況などの情報を提供したりする。

通常のAR-HUDはフロントガラスを通じて情報が投影されるが……

こちらの記事は、36Kr Japanが運営する情報サイト「CONNECTO」の会員限定記事です。全文をお読みになる方、そちらより会員登録してください。

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録