中国銀行業のスマート技術利用率、20年は81%に上昇

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新華社短信

中国銀行業のスマート技術利用率、20年は81%に上昇

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

【新華社北京8月11日】中国銀行業協会がこのほど発表した「中国銀行業カスタマーサービスセンター・リモートバンキング発展リポート(2020)」によると、2020年の銀行業のカスタマーサービスセンターとリモートバンキングは、フィンテックによってデジタル化を進め、スマート音声ガイダンスやヒューマンマシンシステムなどの技術を幅広く応用し、スマート技術の総合利用率は19年より10ポイント上昇の81%となった。

新型コロナウイルスの影響を受ける中、デジタル面での優位性を発揮し、ネットバンキングやモバイルバンキング、ミニプログラムなどを通じて非接触の金融サービスを提供し、顧客の金融ニーズをタイムリーに満たした。

電話応答率は93.0%で、8年連続で90%を上回った。音声セルフサービスの顧客満足度は99.3%で、7年連続で98%を上回った。

デジタル化・高度化は加速している。20年末までに16行のカスタマーサービスセンターがリモートバンキングに名称を変更し、14行がリモートバンキングの設立を計画している。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録