中国、21~25年に風力・太陽光発電の開発に注力

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新華社短信

中国、21~25年に風力・太陽光発電の開発に注力

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

【新華社北京8月23日】中国国家能源(エネルギー)局の章建華局長はこのほど、第14次5カ年規画(2021~25年)期間中、再生可能エネルギーへの移行を加速度的に進める方針を明らかにした。章氏は今後の取り組みについて、次のように述べた。

持続可能な発展戦略を堅持し、非化石エネルギーの重複的発展を大いに推し進め、再生可能エネルギーへの転換に注力してテンポを着実に加速させ、グリーン(環境配慮型)で低炭素な発展を浸透させ、その割合を増やす。

また、風力・太陽光発電産業の発展を加速させ、東部・中部・南部地域における風力・太陽光発電の近場開発・利用を優先的に推進するとともに、東南沿海地域での洋上風力発電クラスター開発と東北・華北・西北地域での風力・太陽光発電の拠点開発を積極的に推進し、風力・太陽光発電をクリーンエネルギー利用拡大の主力とする。

そのほか、水力発電や原子力発電を積極的かつ着実に発展させ、一部の重点プロジェクトを着工させ、重点プロジェクトの戦略的役割を発揮させる。グリーン・低炭素技術の革新・応用を強化し、安全で効率的なエネルギー貯蔵技術を積極的に開発し、水素エネルギーの技術開発と大規模な応用を着実に進め、スマートグリッドの整備を推進する。また、各地の実情に合わせて、バイオマスや地熱など他の再生可能エネルギーを開発する。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録