印フィンテック企業「カタブック」が1億ドルを調達、テンセントも出資

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新興国短信

印フィンテック企業「カタブック」が1億ドルを調達、テンセントも出資

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

印フィンテック企業「Khatabook(カタブック)」が、このほどシリーズCで1億ドル(約110億円)を調達し、現時点での企業評価額が6億ドル(約650億円)近くに達したと米テック系メディア「TechCrunch」が報じた。リード・インベスターは「Tribe Capital」と「Moore Strategic Ventures」で、その他に「Alkeon Capital」「B Capital Group」「セコイア・キャピタル」、中国IT大手のテンセントなども出資した。

2018年に設立されたKhatabookは、現金取引の記録や支払い状況の追跡に役立つ中小企業向けのモバイルアプリを展開しており、同アプリの月間アクティブユーザー(MAU)は1000万社に及ぶ。

現在、インドでは「Paytm(ペイティーエム)」、アマゾン、グーグル、ウォルマート傘下の「PhonePe(フォーンペ)」や「Reliance Industries(リライアンス・インダストリーズ)」などが中小企業向けにフィンテックサービスを提供しており、競争が激化している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録