電子契約「e簽宝(Tsign)」が約204億円調達、政策の追い風

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

電子契約「e簽宝(Tsign)」が約204億円調達、政策の追い風

続きを読む

中国の大手電子契約サービス「e簽宝(Tsign)」がシリーズEで12億元(約204億円)を調達した。出資者は「セコイア・キャピタル・チャイナ(紅杉資本中国基金)」、「IDGキャピタル」、シンガポール系物流大手「グローバル・ロジスティック・プロパティーズ(GLP)」傘下の「隠山資本(Hidden Hill Capital)」など。

2002年に設立されたe簽宝は中国で最も早い時期に電子署名事業に参入した企業だ。同社は2004年に電子署名システム「天印簽章系統」を、2014年にSaaSサービスプラットフォームを、2020年にブロックチェーン契約サービスをリリースした。

中国の政策展望で2021年から始動した第14次5カ年計画では、「電子証明書、電子契約書、電子署名、電子領収書、電子ファイルの普及」を明確に提唱している。e簽宝と競合する「法大大(Fadada.com)」は2021年3月にシリーズDで9億元(約152億円)を、「上上簽(BestSign)」が2018年8月にシリーズCで3億5800万元(約60億円)を調達している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録