トヨタ出資の中国自動運転ユニコーン「Momenta」、米GMから3億ドルを調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

スタートアップ注目記事

トヨタ出資の中国自動運転ユニコーン「Momenta」、米GMから3億ドルを調達

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

米ゼネラル・モーターズ(以下GM)は23日、中国の自動運転スタートアップ企業「モメンタ(Momenta)」に3億ドル(約330億円)を投資したと発表した。今後、中国向け車種の次世代自動運転技術の開発を加速するという。

GMは今年6月、2020~2025年に電気自動車と自動運転分野に350億ドル(約3兆8600億円)を投資すると宣言した。 同社グローバル執行副総裁兼中国総裁のJulian Blissett氏は「中国は世界で最も早く電動化と自動運転技術を受け入れた消費者を有する。モメンタとの合意は、GMが中国消費者向けに次世代ソリューションを迅速にカスタマイズし、商品化するのに役立つ」と述べた。

2016年に設立されたモメンタは、自動運転ソリューションとそこから派生したビッグデータサービスを提供する。同社は今年3月、トヨタ、SAIC(上海汽車集団)、独ボッシュ(Bosch)、シンガポール政府系投資会社テマセク」などがリードし、メルセデス・ベンツやテンセントなども加わったシリーズCで、5億ドル(当時約544億円)を調達している。

(36Kr Japan編集部)

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連記事はこちら

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録