ソフトバンク出資の中国不動産テック「貝殻」、総取引額前年比11.9%減の約3200億円 21年7~9月

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信注目記事

ソフトバンク出資の中国不動産テック「貝殻」、総取引額前年比11.9%減の約3200億円 21年7~9月

続きを読む

ソフトバンクグループが出資したオンライン不動産取引プラットフォーム「貝殻找房(KE Holdings)」を運営する「小屋信息科技」が、2021年第3四半期の財務報告書を発表した。

売上高は、前年比11.9%減の181億元(約3194億円)で、総取引額(GTV)は8307億元(約14兆6634億円)に達した。ストック住宅のGTVは前年比で34.3%減で、中でも中古住宅のGTVは前年より36.8%減少したが、それでも下げ幅は市場レベルよりは小さいものであった。一方、新築住宅のGTVも前年比2.5%減だったが、こちらも市場の下げ幅よりかなり小さく抑えられた。

ソフトバンク出資の「貝殻」が米上場 時価総額4兆円超で「不動産の雄」の地位確実に

 

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録