テンセントも出資したインドネシアEC「Ula」、シリーズBで総額125億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新興国短信

テンセントも出資したインドネシアEC「Ula」、シリーズBで総額125億円を調達

続きを読む

インドネシアのBtoB-ECサイト「Ula」が、シリーズBで2300万ドル(約26億円)を調達した。リード・インベスターは、インドのEC企業「フリップカート」の共同創業者Binny Bansal氏と、「タイガーグローバル(Tiger Global)」。

今年10月に、同社は「テンセント(騰訊)」、「Prosus Ventures」、「B Capital」から8700万ドル(約99億円)を調達しており、シリーズBで調達した総額は現時点で1億1000万ドル(約125億円)となった。資金は製品のアップグレードやチーム拡張に充てられるとのこと。

Ulaは2020年1月にサービスを開始して以来、売上高は230倍に増加したという。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録