スイス再保険と中国バイドゥ、自動運転事業で提携

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新華社短信

スイス再保険と中国バイドゥ、自動運転事業で提携

続きを読む

【新華社ジュネーブ11月23日】再保険世界大手のスイス再保険(スイス・リー)と中国インターネット検索大手の百度(バイドゥ)は19日、自動運転事業で提携関係を結んだと発表した。スイス再保険は、百度の自動運転事業にリスクマネジメント知識と新しい保険商品を提供する。

両社はプレスリリースで今回の提携の目的について、自動運転をさらに発展させ、新しい業界モデルを構築するためだと説明した。今後はスイス再保険などの再保険会社が自動運転保険商品を開発し、ハイテク企業の需要を満たすことが可能になる。まずは自動バレーパーキングサービスに焦点を当て、将来的には自動運転計算プラットフォームやインテリジェントコックピット、ロボタクシー、その他の自動運転製品のリスクマネジメント研究と新たな保険商品の開発をカバーする。

スイス再保険は、技術の急速な高度化、多様なリスク、データ利用可能性の制限により、自動運転は保険業にとって新たな挑戦になると指摘。同社の自動車・モビリティソリューション担当ディレクター、アンドレア・ケラー氏は「自動運転車が周りの環境をどう感知するか、これらの情報をどう処理して反応するかを共同で分析し、自動運転車と人が運転する車の違いを把握し、数量化した。最終的な目標は、自動車保険を新しい革新レベルに押し上げることだ」と述べた。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録