「ミニプログラムは必然的なトレンド」-WeChat開発者 張小龍氏

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

リーダーの一言注目記事

「ミニプログラムは必然的なトレンド」-WeChat開発者 張小龍氏

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

19日に開幕した「2019 WeChat(微信)公開講座」で、WeChat開発者でテンセント(騰訊)高級副総裁の張小龍氏が講演した。

張小龍氏は、「ミニプログラムはこれまでのキャリアで最大のチャレンジだった」と語った。当時の公開講座でミニプログラムのリリースを発表してから、同氏はチーム内でミニプログラムにどんな悲惨な末路が予想されるかを話し合ったという。それでもミニプログラムを開発するという決意は揺らがなかった。

「なぜそこまでするのか?それはミニプログラムが今後、必然的なトレンドになるからだ。アプリはダウンロードしてインストールしなければならず、ウェブサイトの使い勝手はさらに悪い」

ミニプログラムの現状について、張小龍氏は「まだ完全な成功とは言えない」との見方を示しながらも、「他社が続々とミニプログラムに参入していることは脅威にならない」とした。

プラットフォームやチームの点でWeChatが他社とは大きく異なっているのに加えて、最大の違いはチームのモチベーションだと指摘。

「ミニプログラムを使って、単にアクセス数頼みのビジネスをしたいだけなら、将来性はない。自社の利益を考えるだけのやり方は、たいてい長続きしないものだ」

(翻訳・畠中裕子)

 

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手