アニメ制作の「絵夢動画」:シリーズB+で約16億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

アニメ制作の「絵夢動画」:シリーズB+で約16億円を調達

続きを読む

アニメ制作会社「絵夢動画(HAOLINERS)」が、シリーズB+で1億元(約16億円)を調達した。リード・インベスターは「壱動漫」、コ・インベスターは「三千資本(Creat Chiliocosm Capital)」、「ビリビリ(BiliBili)」。絵夢動画は2013年に設立、中国2Dアニメ制作におけるリーディングカンパニーとして、これまで『一人之下』シリーズ、『縁結びの妖狐ちゃん』、『TO BE HERO』、『詩季織々』、『Spiritpact』など、数多くの作品を次々に制作・プロデュースした。なお、同社は日本法人「絵梦株式会社」を設立している。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手