配車サービス滴滴、南アフリカでの事業を停止か 試験運営13カ月

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新興国短信

配車サービス滴滴、南アフリカでの事業を停止か 試験運営13カ月

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国配車サービス最大手「滴滴出行(DiDi Chuxing)」が現地時間4月8日、南アフリカ共和国での事業を停止したという。同社は2021年3月1日、東ケープ州南部の港湾地区、ポート・エリザベスで試験営業を開始した。営業期間はわずか約13カ月だった。この情報を伝えた海外メディアは、市場競争や感染症の流行が繰り返されたことが原因になったと分析している。

この報道について36Krは滴滴に確認したが、4月8日時点で同社からの回答はない。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録