中国のセダン販売、日本車が快走。2位シルフィ、3位カムリ:3月

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新華社短信

中国のセダン販売、日本車が快走。2位シルフィ、3位カムリ:22年3月

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

【新華社北京4月13日】中国汽車工業協会(CAAM)は12日、国内の3月のセダン販売台数上位10ブランドを発表した。首位は中国自動車大手の上海汽車集団傘下で米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)などが出資する上汽通用五菱汽車の「五菱宏光MINI」だった。

2位以下は、東風汽車集団傘下の東風日産乗用車が手掛ける「軒逸(シルフィ)」、広州汽車集団とトヨタ自動車の合弁会社、広汽豊田汽車(広汽トヨタ)の「凱美瑞(カムリ)」、上海汽車集団とドイツ・フォルクスワーゲンの合弁会社、上汽大衆汽車(上汽VW)の「朗逸(ラビダ)」、米テスラの「モデル3」、中国第一汽車集団とトヨタ自動車の合弁会社、天津一汽豊田(一汽トヨタ)の「卡羅拉(カローラ)」、比亜迪(BYD)の「秦PLUS」、重慶長安汽車の「逸動(EADO)」、広汽トヨタの「雷凌(レビン)」、広州汽車集団と本田技研工業(ホンダ)の合弁会社、広汽本田汽車(広汽ホンダ)の「雅閣(アコード)」の順だった。

販売台数は、軒逸と朗逸を除いた8ブランドが前月から増加した。伸び率は五菱宏光MINIと逸動が最も大きかった。上位10ブランドを合わせた3月の販売台数は268千台とセダン販売台数全体の30.7%を占めた。

驚異の約50万円で販売、「中国製激安EV」を支える「ダブルクレジット制度」を読み解く(前編)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録