中国の車載電池大手CATL、21年は純利益2.9倍

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新華社短信

中国の車載電池大手CATL、21年は純利益2.9倍

続きを読む

【新華社北京4月25日】中国車載電池大手、寧徳時代新能源科技(CATL)が22日発表した2021年12月期決算は、売上高が前年比2.6倍の1303億5600万元(1元=約20円)、純利益が2.9倍の159億3千万元だった。21年末時点の総資産は前年末比96.4%増の3076億6700万元だった。リチウムイオン電池販売量は2.8倍の133.41ギガワット時、うち車載電池が2.6倍の116.71ギガワット時となった。

車載電池は依然としてCATLの主力事業で、21年の売上高は前年比2.3倍の914億9千万元と売上高全体の70.2%を占めた。韓国の市場調査会社SNEリサーチの統計によると、21年の世界の車載電池搭載量のうち車載電池メーカー上位10社は91.2%を占め、上位3社はCATL、韓国のLGエナジーソリューション(LGES)、日本のパナソニックだった。CATLの市場シェアは32.6%に上った。

エネルギー貯蔵システムと電池材料の売上高は急増している。21年のエネルギー貯蔵システムの売上高は前年比7倍の136億2400万元、リチウム電池材料の売上高は4.5倍の154億5700万元で、いずれも高い伸びを示した。

電池生産能力は170.39ギガワット時で、20年の69.1ギガワット時から約2.5倍に増えた。市場ニーズを踏まえ、広東省肇慶や江西省宜春、貴州省貴陽などに生産拠点を布石。電池生産量は前年比3.1倍の162.3ギガワット時で、生産能力の稼働率は95.0%だった。販売量は2.8倍の133.4ギガワット時、在庫は2.8倍の40.19ギガワット時となった。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録