中国ゲーム配信大手「虎牙」と「闘魚」もリストラか 両社それぞれ「ノーコメント」「通常の人員整理」

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

中国ゲーム配信大手「虎牙」と「闘魚」もリストラか 両社それぞれ「ノーコメント」「通常の人員整理」

続きを読む

中国のゲーム実況配信プラットフォーム「虎牙(HUYA)」がこのほど、大規模なリストラを実施したとの情報が流れた。国際化事業に携わる人員の7割を削減し、海外向けゲーム実況配信サービス「Nimo TV」の運営チームを大幅に縮小。国内事業に携わる人員も、クラウドゲームなどの部門を中心に2割を削減したという。

同業の「闘魚(Douyu)」もこのほど、大規模なリストラに踏み切った模様だ。同社従業員によると、ゲームビジネスや実況配信の運営に関連する部門を中心に、全従業員の3割がリストラされた。対象者は上海市と北京市にある関連部門に集中しているが、武漢本社の従業員も含まれているという。

これらの情報に対し、虎牙は「ノーコメント」、闘魚は「誤った情報だ。大規模なリストラなど実施していない。通常の人員整理だ」としている。

2021年の虎牙の売上高は前年比4%増の113億5100万元(約2270億円)、純利益は33.9%減の5億8300万元(約110億円)。闘魚の売上高は4.5%減の91億6500万元(約1830億円)、純損失は6億2000万元(約120億円)だった。

ゲームライブ配信の「闘魚」、21年は赤字もMAUは着実に増加 第4四半期は6240万人

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録