易到が400億円超の資金調達を計画、直近では恒大による買収話も?

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

注目記事投資

易到が400億円超の資金調達を計画、直近では恒大による買収話も?

続きを読む

3月7日に36Krが入手した情報によると、配車サービスの「易到(Yongche)」が25億5000万元(約424億円)の資金調達を計画しているとのことで、出資者はほぼ固まっているとみられる。

入手した文書によれば、易到の現在の支配株主は「韜蘊資本(Taoyun Capital)」だが、出資者が行う増資によって、易到は新たな資金を調達するつもりのようだ。内訳は、出資者による現金15億元(約250億円)と、「共同投資グループ」の新株発行による10億5000万元(約174億円)とのこと。

1月21日、韜薀資本グループの創業者でCEOの温暁東氏は、易到の株式を半額で譲渡したいとの考えを表明した。公表された易到の貸借対照表によると、2018年12月時点で負債総額は34億4400万元(約571億円)、ユーザーのチャージ分残高が5億9200万元(約98億円)、純資産が▲21億2500万元(約352億円)だった。

2月19日に韜薀資本は、易到を救済するために投じた巨額の資金を取り戻せず、運営を続けることが困難になったという内部通達を行った。これにより、従業員の一部は在宅業務となり、基本的な生活保障がされるのみとなった。

これ以前に、易到と韜薀資本が懸命に資金調達を試みており、「身売り」もいとわない、と複数の情報筋が伝えていた。今回、明らかになった文書からすると、易到はすでに出資者を見つけたことになる。

これまで、アリババやライドシェア「滴滴(Didi Chuxing)」、オンライン旅行会社「携程(Ctrip)」、物流企業「順豊(SF Express)」などが易到を買収する意向を示したものの、評価額の問題や配車サービスとしては所有車が少ないなどの理由で、どれも合意には至らなかったという。さらに韜薀資本の態度も二転三転しているといい、「資金調達が難しい時期には売却したがるが、易到のキャッシュフローを当てにしてもいる。これにより易到の結末が予測できないものになった」と情報筋は語る。

36Krが得た情報によると、韜薀資本は昨年から易到の買収について「恒大地産(Evergrande)」と交渉を重ねていたとのことだ。韜薀資本は恒大による買収を望んでおり、恒大も強い関心を示していたため、合意は目前だったという。しかし旧正月があけた頃、この件は延期されることになった。

ただ恒大に近い人物は、「そのような事実はない」と語る。

企業情報検索サイト「天眼査」によれば、易到の運営会社「北京東方車雲信息技術有限公司(Beijing Oriental Cheyun Information Technology)」の株式のうち、韜薀資本代表の王菲氏が保有する易到の株式が61.82%を占めるという。
(翻訳・畠中裕子)

メールアドレスを登録して中国最新情報入手